のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

時之栖イルミネーション2015の時間や料金!混雑を避けて楽しむ方法

      2015/11/16

静岡県御殿場市にある時之栖のイルミネーションは、毎年変わる内容で沢山の人が訪れています。

そこで2015年のイルミネーションはどんな雰囲気かをご紹介しながら、見学できる時間や料金や駐車場についてまとめてみました!

さらに地元民がお伝えする、混雑状況と渋滞を避けて楽しむ方法などもご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

 

スポンサードリンク

時之栖イルミネーション2015-2016はどんな感じ?

時之栖のイルミネーションは毎年テーマが変わるのもひとつの特徴です。

今年のテーマは「花燃ゆる~華・花・カーニバル」
【期間】2015年10月30日(金)~2016年3月21日(月)
【時間】16:30~22:00 *時期により変動あり
【入場料】無料 

また今年の時の栖のイルミネーションは大きく分けて3つの会場で開催しています。
●第1会場:お花に彩られた「光のトンネル」
●第2会場:幻想的な「噴水ショー」
●第3会場:静寂な心安らぐ金魚の世界「水中楽園アクアリウム」

 

今年の光のトンネルは色とりどりのお花のオブジェがあり明るくても楽しめます。
またイルミネーションは雨天でも点灯、光のトンネルはアーケード状になっているので小雨であれば傘もいらないくらいなので、お天気や時間に関係なく楽しめますよ。(噴水ショーは中止の場合があります)

 

時の栖イルミネーションの料金や時間は?

時の栖のイルミネーションは基本的には無料となっています。

でも今年は新しいイルミネーションスポットも増たこともあってか、別料金になっている会場やイベントも増えているので、実際に行って3つのイルミネーションの会場別に内容や料金、開催時間を調べてみました。

 

第1会場:お花に彩られた「光のトンネル」【無料】

時の栖のイルミネーションと言ったら全長400mの「光のトンネル」でしょう!
まさに時之栖のイルミネーションを象徴するメイン会場で、こちらは無料です。

今年のテーマは「花」なので、お花や蝶のモチーフがいっぱい!
たくさんのお花でデコレーションされた車や気球、またかわいいうさぎの花車などが飾られています。

さらにこの光のトンネルの途中から、企業や団体が出展している「ヒカリの国フェスティバル」というイルミネーションスポットが続き、イスに座って写真が撮れたり、自転車をこいでイルミネーションをつけたりなど、参加しながらイルミネーションを楽しめるようになっています。

ここは基本的にはすべて無料ですが、ヒカリの国フェスティバル内にある、描いた絵がそのまま大画面に映し出される「紙アプリ」だけは有料となっています。

 

第2会場:幻想的な「噴水ショー」【有料】

ヒカリの国フェスティバル会場脇、山を少し上ったところに第2会場があります。

【入場料】大人(中学生以上)1,000円/小人(6歳以上)200円 *5歳以下は無料
【時間】17:00~21:30までの00分と30分にスタート *21:30の回は土日祝祭日のみ

こちらではヴェルサイユの光という「噴水ショー」が見られ、世界初の高さ70mまで吹き上がるパフォーマンスは一見の価値あり!今年は新プログラムに変わったそうですよ。

またこちらには今年新しく加わった、全長150mの「ヒカリの散歩道」や、「オーシャントゥインクル」という敷地内に広がる幻想的な蒼い光の海も眺めることができます。また夕暮れ時に行くと夕焼けの富士山が裾野までくっきりと見えますよ!

ここは有料ゾーンのため、新しいイルミネーションは確認できませんでしたがインフォメーションや下から見た感じでは、カップルでしっとりとイルミネーションを楽しむにはぴったり♡
また一度も噴水ショーを見たことがない人は是非♪おすすめです。

 

第3会場:静寂な心安らぐ金魚の世界の「水中楽園アクアリウム」【有料】

光のトンネルの途中にある時の栖美術館内で行われているイベントです。

【入場料】大人(中学生以上):1,000円/小人(小学生):300円
【時間】9:00~21:00

ここでは幻想的な光に包まれた金魚や、芸術的な水草の中で泳ぐ金魚がたくさん見られます。

今年の春から始まったイベントで、好評につきイルミネーション期間も延長されています。中は金魚の展示だけではなく遊びの広場や、有料で金魚すくいや金魚の絵付け体験などもできます。

ここも残念ながら有料ゾーンのため、じっくりと確認できませんでしたが、併設されているブックス&カフェ「楽風」に入ると中央がガラス張りになっていて、どんな様子かを少しだけ見ることができるので、入館を迷うなら一度こちらから覗いてみるといいですよ。

 

あと現地ではイルミネーションのサイトマップや各施設の詳細が書かれているこちらのパンフレットも用意されています。

どこでなにがやっているのかがよくわかるので、行ったらすぐにゲットしましょう!

 

時の栖イルミネーションの駐車場は?

この時之栖には第1から第7まで全部で約2,500台の駐車スペースがあり、料金はどこに停めても一般車は無料、時間制限もありません!

都会の人にしたらびっくりみたいですが、この辺では駐車場無料は珍しくありません。まぁ田舎ですからね^^;

ちなみに第1が一番近くて第7が一番遠いイメージがありますが、ここはそうでもなくてどこもほぼ敷地内、もしくは敷地に面しています。ただ第6と第7はちょっと離れているんですが、それでも時之栖の入口まで第6が約300m、第7は約500mなので歩いてすぐに着きます。

週末になると警備員のおじさんが立っていて、ここはダメとか、ここに入って~、と指示してくれますので、それに従って駐車しましょう。

*時之栖公式HPのイルミネーションの案内はこちら


スポンサードリンク

時の栖イルミネーションの混雑状況!渋滞を避けるには?

この時の栖ですが、とにかくイルミネーションの時期は例年たくさんの人が訪れ、特に土曜日や連休の初日や中日はすごい混雑しています。

車で行く場合、いつもは3分くらいで着くところからも30分以上かかることもあります。

中でもさらに注意しなきゃいけないのがクリスマス近くの土曜日!

この日は毎年17時頃になると御殿場インター方面・裾野インター方面どの方向にも車の大行列ができて周辺道路は大混乱!

毎年じーっとその列を眺めていますが、その時間はほとんど車は動かないし、その状態は20時を過ぎても続いています。…イルミネーション終わっちゃうよ~(泣)

こんな日はイルミネーションも少し延長されてるみたいですが、時間までに着かなかったらここまで来た意味がないし、着いても渋滞疲れで楽しめなかったらガッカリですよね。

なのでこれを見てくださった方に管理人はこちらをご提案します!

混雑を避けてイルミネーションを楽しむ方法
●平日はそんなに混んでいないので、金曜日に行く
●土曜日か日曜日なら日曜日の方がおすすめ
●到着時間は12月は15時、それ以外なら16時を目安に!
●ただしクリスマス近くの週末はお昼過ぎくらい到着を目安に!
●週末ゆっくり行きたいなら比較的空いている1月中旬以降に行く

またこの辺の道路は道幅が狭いところも多く、混みあうこの時期は右折では入れてくれない交差点もあります。

さらに渋滞を回避しようという車も多いせいか、「この先時の栖へは行けません」とか「この先行き止まり」という看板があるんですが、これ本当に行けません!場所によってはUターンもできないところもあるので注意してくださいね。

ちなみに例年ですが、大混雑する日は駐車場マップに載っていない仮設の駐車場が出現します!
時之栖からは少し離れていますが、それでも700~800kmくらいなので無理に近いところに停めようしないで、そこに停めちゃった方が早くイルミネーションにたどり着きますよ!

 

そうそう、園内でこんな看板を発見!
どうりで毎年混んでいるはずです^^;

まとめ

週末の時の栖のイルミネーションはとにかく混雑しているので、渋滞でイライラすることなくゆっくり見たいなら早目に行くことです!

早目に行っても施設内には、ファミリーでもカップルでも楽しめる色んなスポットがあるので、せっかくの機会なので色々と楽しんでみてくださいね。

★関連記事はこちら
時之栖イルミネーションと楽しむ周辺施設やレストラン!宿泊するならどこ?

スポンサードリンク

 - レジャー ,

  関連記事