のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

お年玉は何歳から姪や甥に?相場は?赤ちゃんは代わりの物でもいい?

      2015/11/30

兄弟に子供が生まれて初めてのお正月。

まだ赤ちゃんだけどやっぱりお年玉はあげるべきなのか、またあげるとしたらいくらくらいが相場なのかも気になりますよね。

そこでこちらでは甥や姪へお年玉をあげはじめる年齢や相場、また小さい子供におすすめのお年玉についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

お年玉は何歳から甥や姪に渡したら良い?

まずみんなは甥っ子や姪っ子にはいつからお年玉をあげているのか、独自に調査してみましたが、結果は実にさまざま!

  • 0歳から(生まれた年から)
  • 3歳になったら
  • 小学生になったら
  • ありがとうが言えるようになった歳から

色んな意見がありますが、やはり生まれてすぐからあげるという意見が一番多いようです。

ただしこれにははっきりとした決まりはないので、実際には何歳からでもいいし、中には兄弟と話し合ってお互いなしにしようという家などもあります。

またもしあなたに子供がいて先にもらっているならば、同じ年齢から同じ金額をあげるのが一番良い方法です。

お年玉は一度あげると翌年からもあげ続けなくてはならないし、甥や姪はどんどん増えていく可能性もありますので、何歳からいくらづつなどは1人目の時にきちんと決めておくといいでしょう。

 

お年玉の甥っこや姪っ子にあげる相場は?

では甥や姪にお年玉をあげるとしたら、いくらくらいが相場なのでしょう。

こちらも独自に調べてみましたが、大体平均するとこちらの金額という人が多いようです。

0歳~未就学児…1,000~2,000円
小学生…2,000~3,000円
中学生…5,000円
高校生…5,000~10,000円
大学生…10,000円

 

ちなみに赤ちゃんや未就学児の場合はお札よりも硬化の方が喜ぶ子供が多いので硬貨にしているという人も多いので、ちょっと工夫して金額は1,000円でも100円玉を10枚にするとか、100円×年齢などにして、かわいいポチ袋などに入れてあげるなどもおすすめです。

 

お年玉を渡す時に未就学児が喜ぶ方法

赤ちゃんから未就学児の場合は、硬化の方が喜ぶとは言っても、本当に500円でいいの?とか、ジャラジャラしたポチ袋を渡すのに抵抗がある人もいるはず。

そこで我が家でずっとやっていた、子供が喜ぶお年玉を渡す方法を2つご紹介します!

 

子供が喜ぶお年玉~お年玉つかみどり~

1円、5円、10円、50円、100円、500円硬貨をなるべくたくさん大きな缶などにたっぷり入れておき、現金のつかみ取りならぬ、お年玉つかみどりをしてつかめた分だけお年玉としてあげます。

POINT小さい頃は中味が見えるのもいいですが、少し大きくなってくると500円や100円ばかり狙って取ろうとするので中味が見えないようにするといいですよ。

 

子供が喜ぶお年玉~あみだdeお年玉~

つかみどりだとたくさんのお金が必要なので、それを用意するのが面倒という場合は、あみだdeお年玉がおすすめ!

いらなくなったカレンダーなどの裏に大きなあみだくじを作り、下には100円×3枚とか、500円×2枚などを書き、しっかりと見えないように隠してからあみだを選んでもらって、自分でお年玉の金額を決めてもらうんです。

POINT最後に自分であみだに線を書き加えさせると、いくらであっても文句は出にくくなりますよ。

この2つの方法はそんなにたくさんの金額ではありませんが、子供ウケは抜群です!
ただ1歳くらいまでは誤飲の可能性もあるので、つかみどりした後の硬貨の取り扱いには十分注意しましょう。

 

スポンサードリンク

赤ちゃんにはお年玉代わりのプレゼントを贈ろう!

赤ちゃんの頃からまだ価値のわからないお金をあげるのはちょっとという人もいるでしょうし、せっかくなら子供が喜ぶ顔が見たいですよね。

それなら0~3歳くらいまでは、あくまでも子供にあげるという意味で、物をお年玉としてプレゼントするというのもおすすめです。

例えば0~1歳くらいであれば、絵本や小さなつかんで遊べるようなおもちゃとか、食べ物でも大丈夫であればボーロやおこさませんべいなど子供用のお菓子などがいいでしょう。

またもう少しちゃんとしたものをプレゼントしたいという場合はこちらも参考にしてみてくださいね。

⇒ 1歳の誕生日プレゼントは男の子にはおもちゃか絵本?服はママが喜ぶ?
⇒ 1歳の誕生日プレゼントで女の子に贈る絵本やおもちゃ!嬉しいのは何?

 

まとめ

お年玉をいつからあげるとか、いくらあげるかの相場はあくまでも目安なので、付き合いの程度や、それぞれの家庭の考え方によって常識はまったく違うので絶対にこうした方が良いということもありません。

ぜひこれからもまだ先は長いので、お年玉はお互いに後から負担にならないように初めての年によく考えてあげるようにしましょう。



スポンサードリンク

 - 季節の行事 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

敬老の日にお花をプレゼントするなら花言葉は長生き?花束以外のおすすめの形は?

今年の敬老の日にはおばあちゃんにお花を贈りたいけど、敬老の日にプレゼントするのに …

鏡餅はいつまで飾る?その後のおいしい食べ方やカビの処分方法

今年初めて鏡餅をお供えしたけど、いつ下げてどんな風に処分したらいいのかよくわから …

ハロウィン仮装は魔女メイク!衣装や髪型もばっちりキメよう

今年のハロウィンはちょっとかっこいい魔女の仮装で決めたい人必見! スポンサードリ …

ハロウィンリースの作り方を100均や毛糸や身近な材料でご紹介

最近は日本でもハロウィンを楽しむ人が増えてきましたね。 スポンサードリンク そこ …

ハロウィンスイーツを簡単に作るコツでクッキーやかぼちゃのお菓子を作ろう

スポンサードリンク 手作りスイーツを持ち寄って、ハロウィンティーパーティーをする …

成人式のメイクを自分でする時のコツ!着付けとの順番は?

成人式のヘアと着付けは美容室にお願いしたけど、やっぱりメイクは自分でしようという …

友チョコは市販をデコ!可愛いデコ素材を使って簡単に作ろう

最近は友チョコブームで忙しいママやお菓子作りが得意じゃないママにとってはちょっと …

クリスマスケーキ2015年のキャラクターや可愛いデコレーションケーキ【女の子編】

そろそろクリスマス。 おいしいケーキを少しだけ頂きたい親心とは裏腹に、今年もきっ …

雛人形でコンパクトに収納&本格的なのは?マンションサイズでお気に入りを探す方法

今年初節句を迎える娘に雛人形を買おうと思っているけど、よく見ると色んな種類があっ …

初節句の男の子向けお祝い料理や手土産!食事会では何すると良い?

初節句は頂いたお祝いのお返しの意味も含めて、双方の祖父母を呼んで食事会をするのが …