のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

着れなくなった子供服はリサイクルか売る?お得で楽な処分方法は?

      2017/10/03

可愛くてついつい買っちゃう子供服。

でも子供の成長って本当に早いのであまり着ないままサイズアウトしちゃうことってよくありますよね。

 

だけど気に入って買ったものやお出かけの思い出が詰まった子供の洋服ってなかかな捨てられなかったりします。

気持ち的には全部取っておきたいけどそんなスペースもないから処分しないといけないけど、まだまだ着られると思うと捨てるだけなんてもったいない。でもフリマに出したりするのはめんどくさい。

 

できれば大事に使ってくれる人に譲るか、欲を言えば売れたら良いなって思いませんか?

 

そこでこちらでは着なくなった子供服を簡単に気持ち良く、さらにお得に片付ける方法を色々と調べてみました。

 

スポンサードリンク

着れなくなった子供服を処分する方法

サイズアウトして着られなくなった子供の服の処分方法は大きく分けるとこの4つでしょう。

1.譲る
2.リサイクル
3.オークション
4.フリーマーケット

 

そこでこの4つを気軽さ・売れる金額・譲った人のお役立ち度、さらにメリットとデメリットも併せて比較してみました。

 

いらなくなった服はほしい人に譲る

一番に思いつくのはこれから必要になるであろう人や、欲しいと言う人にあげる方法です。

ただこれは誰にあげるかで手間などはちょっと変わります。

 

1.知り合いの子どもにあげる

ママ友・兄弟・親戚・友人・知人などにこれから生まれてくる子供や小さな子がいればそちらに聞いてみるといいでしょう。

手軽さ:★★★★
売れる金額:―
お役立ち度:★★★★★

 

《メリット》
◎きれいにしたら渡すだけなので面倒な手続きなどがない。

◎知り合いなので大切に使ってくれることが多い。

◎思い出の詰まった服を着ている子供を見ることができる。

 

《デメリット》
●お金にはならない。

●着ているところを見ないと本当はいらなかったのかもと思う。

●お返しなどをされると逆にお金と気を遣わせたと思う。

POINTまずは「こんなものがあるけど」と打診して、あげる時も「汚れや好みが合わなかったら気にせずに処分してね」というともらう方も気を遣わなくて済みます。

 

2.地元紙のあげますコーナーに掲載する

新聞や地元の情報誌などのあげます・売りますコーナーに載せて欲しい人を見つける。

手軽さ:★★
売れる金額:―
お役立ち度:★★★★

 

《メリット》
◎わざわざ欲しいと言う人なので大事に使ってくれる。

 

《デメリット》
●知り合いにあげるよりきれいにしないといけないなど気を遣う。

●投稿や直接のやり取りが面倒なこともある。

●トラブルになることも多い。

 

3.通っている保育園などに寄付する

小さい子は汚したりおもらししたりするので、預かっている服だけでは足りないこともあるので重宝がられることも!一度先生に聞いてみては?

手軽さ:★★★
売れる金額:―
お役立ち度:★★★★★

 

《メリット》
◎きれいにして渡すだけで良いので楽。

◎小さければ小さいほど使ってもらえるので役立つ可能性が大。

◎先生達にも「○○ちゃんの服」と思い出してもらえる。

 

《デメリット》
●お金にはならない。

●程度の良いものだけしか持って行けないのでそれ以外は結局自分で処分するしかない。

●わざわざいらない服を持ってきたと思う父兄がいるかも?

 

誰かにあげる】のはこんな人におすすめ!

比較的やりとりは楽だけど基本的にお金にはならないので、とにかく面倒な手間をかけずに服を処分したい人。

 

着れなくなった子供服はリサイクルへ

いらなくなった衣料品はリサイクルに出せば環境にも優しいのでエコ活動にもなるし、救援衣料が必要な方々にリユースされることは人道支援活動にもなりますね。

 

1.地域のリサイクルボックスに出す

近くの古着用のリサイクルボックスに出せばゴミではなく資源となります。
またリユースする場合は東南アジアなどに送られ中古衣料としてそのまま利用されることもあるんです。

手軽さ:★★★★★
売れる金額:―
お役立ち度:★★

 

《メリット》
◎多少の汚れやほつれがあっても気にしなくて済む。

◎あげる前に程度をチェックしたり選別しなくても良い。

◎どこかの国で自分の服を喜んでくれている子がいる。

 

《デメリット》
●お礼を言われることもないしどれくらい役に立っているかがよくわからない。

●まったくお金にはならない。

 

2.リサイクルを受付ているお店に持って行く

衣料品店などでいらなくなった服を引き取っている場合があります。

手軽さ:★★★★★
売れる金額:★
お役立ち度:★★

 

《メリット》
◎キレイににしてあればどんなものでも引き取ってくれる。

◎金券などと引き換えてくれるところがある。

 

《デメリット》
●自社製品しか受け付けていないところがある

●期間限定は時期を逃すと出せないし、いつやっているかよくわからない。

●どう役立っているかはよくわからない。

 

ちなみにざっと調べてみたところ、こんなお店で通年・期間限定でリサイクルをしているようですよ。

【通年】
・無印良品(無印良品の製品のみ)
・ユニクロ・GU(ユニクロ・GU製品のみ)
・H&M

【期間限定】
・&EARTH ※三井アウトレットやららぽーとなど
・マルイ(衣類1枚につき200円の割引券と交換)

 

3.リサイクルショップに出す

お家の近くにリサイクルショップがあれば、直接持ち込んでみる方法もあります。

手軽さ:★★★★
売れる金額:★
お役立ち度:★★

 

《メリット》
◎細かく選別しなくても良い。

◎いつでも思い立った時に出せる。

◎多少のお金にはなる。

 

《デメリット》
●ブランド品しか受け付けていないところがある。

●多少のお金にはなるがほとんどないに等しいことが多い。

●誰かが買ってくれるかもしれないけど売れないと結局処分される?

 

買い取り金額はお店によって異なりますが、リサイクルショップの引き取り額はかなり安め。

ちなみに市内のリサイクルショップに子供服とママの服を合わせて30点ほど持ち込んだというママ友は、全部で500円くらいにしかならなかったと言ってたし、管理人も自分の洋服(ほとんどがブランド品)を30点程持ち込んだ時も2,000円にも満たない金額でした。

 

リサイクルショップ】はこんな人におすすめ

リサイクルショップの買い取り価格はかなり安いところが多いので、時間も手間もかけたくないからゴミとして出すよりはマシくらいに思える人。

 

子供服はオークションに出品して売る

オークションと言って思いつくのはやっぱりネットのオークションサイト「ヤフオク!」でしょう。

オークションとは出品者が最低落札価格を指定して、設定された期限まで入札が行われていき段々と価格が上がっていくというものです。

手軽さ:★
売れる金額:★★★
お役立ち度:★★★★

 

《メリット》
◎欲しい人に売ることができる。

◎金額が上がっていく楽しみもある。

 

《デメリット》
●出品する時は月額462円(税別)のYahoo!プレミアム会員に登録が必要。

●落札者に連絡したり発送や評価などをしないといけない。

 

オークション】はこんな人におすすめ

時間や手間はかかってもいい!できるだけ高額での販売をしたい人

 

 

フリーマーケットで売る

フリーマーケットはとにかくいらなくなったものを売ってお金にするという方法。

大きく分けて自分で実際に出店する方法と、フリマアプリを使って売る方法があります。

 

1.フリーマーケットに出店する

1区画いくらで場所を借りてお店を出す方法。よく地域の公園や広場などを使って行われていますね。

手軽さ:★
売れる金額:★★★
お役立ち度:★★★★

 

《メリット》
◎欲しい人に売ることができる。

◎物々交換をしたりして楽しむこともできる。

◎色んな人と接してお店屋さん気分を体験できる。

 

《デメリット》
●フリマの常連などに金額や品質など文句を言われることもある。

●大体値切られる。

●売れないものは持ち帰らないといけない。

●出店料を払わないといけない。

●商品をきれいにしたり値段付けなどをしなくてはならない。

 

ただ管理人も何度かフリマを出店したことがありますが、ブランドじゃないと洋服ってなかなか売れません。

また事前の準備や当日の搬入は結構時間がかかるし、売れなかったものを持って帰るのはもっと大変!

しかもフリマの常連さんの中にはあのスカッとジャパンの【ケチケチかあちゃん】級にキョーレツに値切る人もいるのでなので、心身ともにかなりパワーを消費します(笑)。

 

2.フリマアプリで出品する

フリマアプリを使っていらなくなった子供服を出品する方法もあります。

フリマアプリとは個人がいらなくなった商品を出品して、欲しいという人に買ってもらうための仲介をするというものですが、まずはフリマアプリに共通する特徴をまとめてみました。

手軽さ:★★
売れる金額:★★★★
お役立ち度:★★★★

 

《メリット》
◎基本的に登録料・利用料・出品料は無料。

◎こちらの希望に近い金額で売ることができる。

◎確実に欲しい人に譲ることができる。

 

《デメリット》
●値下げ交渉される

●サイト上でやりとりしたり配送するなどの手間がかかる。

 

フリマはこんな人におすすめ!

確実に欲しい人に譲れるので誰かに使ってもらいたいとか、多少の手間はかかってもいいから少しでも高く売りたいという人。

 

 

不要になった子供服の出品におすすめのアプリ

ちなみにフリマアプリって調べて見ると色々あるけど子供服を出品するなら【メルカリ】か【ラクマ】が良いらしい!

ただそれぞれに特徴やシステムが違うのでさらにこの2つのメリットとデメリットをさらにまとめてみました。

 

1.メルカリ

《メリット》
◎ユーザー数が多いので商品も買い手も多いから売れやすい。
◎比較的高く売れる。

《デメリット》
●販売手数料が10%かかる。
●ユーザーが多いのでマナーが悪い日との割合も多い。

 

2.ラクマ

《メリット》
◎販売手数料がかからない。
◎問い合せ内容によってはラクマがユーザーとの仲立ちをしてくれる。

《デメリット》
●ユーザー数がまだ少ない。
●人気商品でないと売れにくい。

 

POINTとにかく早く売りたいなら【メルカリ】、少しでも高く売りたいなら【ラクマ】でしょう。

 

スポンサードリンク

新しい子供服の買い取りサービスがすごい!

いらなくなった服ははじめは捨てずに誰かに活用してもらえればいいと思ってました。

でもフリマやオークションの存在を知ってしまうとやっぱり売れたらいいな~と思っちゃうけど、ネット上でやりとりしたり自分で配送したりするのは面倒だからそこまではしたくない。

…なんとも虫のよすぎる話です(笑)

 

でもでも、色々調べていたら着られなくなった子ども服を発送キットに入れて送るだけでポイントや金券がもらえる子供服専門の買い取りサービス「キャリーオン」を発見したんです!

とにかく送るだけでいいのでとっても楽チン♪しかも何と言っても私が気に入ったのはここ!

 

子どもの服にはママやパパの思い出がたっぷり。 ゆずりあった子ども服はパパやママ、プレゼントとして贈った人の想い、その服を着て過ごした日々の思い出、そして次の子にも大切に着てほしいという気持ちが詰まっています。サイズアウトした子ども服に託して。 キャリーオンはママからママへの愛情リレーができるサービスです。子ども服をゆずりあうママのコミュニティ【キャリーオン】

 

ここまで気持ちを大事にしてくれるだなんて、なんだか涙が出てきそうになりました。(´;ω;`)

思いの詰まった子供の服を大事に使ってくれる人に手間をかけずに売ることができるなんて…もう私にはこれしかありません。

 


子供服専門の買取サービス【キャリーオン】

 

子供服の買取をキャリーオンに依頼!出品から査定までをレビュー

 

まとめ

まだきれいな服って処分はしたいけど捨てたくはないお母さんもいるでしょう。

まさに私がそうだったのでできれば誰かに着てもらいたいし、売って新しい服を買うための資金になったらさらに良いなと思って今回は色んなサービスを探してみました。

 

もちろんそれぞれの方法でメリットとデメリットが違うし手間やお金などどんなことにこだわりたいかによっても一番いい方法は変わってきますから、是非自分に合ったやり方を見つけて上手にお子さんの洋服をお片付けしちゃいましょう。

 

スポンサードリンク

 - 子育て , ,

  関連記事