のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

夏にオシャレなストールは素材と巻き方とコーディネートがポイント

      2015/07/16

image3

ストールを楽しむのは秋冬だけ?そんなことはありません。夏にするストールは日焼け防止や、冷房対策にもなる、おしゃれ上級者のファッションアイテムです。

そこでこちらでは、夏におすすめのストールの素材や、巻き方、またストールが似合うファッションなどをご紹介します。

 

スポンサードリンク

夏にするストールは素材選びに注意しよう

夏でもオシャレを楽しめるストールですが
リネン素材やガーゼ素材など、薄い生地のものを選びましょう。

<リネン素材>
麻と呼ばれる繊維の中でも、亜麻を原料とするもの。
柔らかく丈夫な生地で、吸水性、速乾性に優れた特徴があり、夏物の衣類などによく使われています。

<ガーゼ素材>
木綿の糸を使って、目の粗い平織物に仕上げた布。
通気性が良く、軽くて柔らかいので、肌のデリケートな人でも安心。また、吸湿性も良いので夏場におすすめです。

夏のストール選びで大切なのは、薄手の生地で涼し気なことです。している本人だけでなく、見ている人も暑苦しくない爽やかさを心がけましょう。

 

夏でも暑くないオシャレなストールの巻き方

夏におすすめのストールを選んだら、次は巻き方です。こちらではオシャレで涼しげなストールの巻き方をご紹介します。

<ふんわりエディター巻き>
①ストールをふんわりと首にかけ、片方が長くなるようにして持ちます
②長い方を、ぐるりと首に1周巻きつけ、左右が同じくらいになるように調整します
③首周りのストールを両手でつまみながら、輪をゆるめます

<ルーズな片リボン巻き>
①ストールを首にかけ、左右同じくらいの長さにします
②片方を、胸のあたりでふんわりと結び、こぶを作ります
③結んでない方を、胸のあたりで2つ折りにして、こぶの下側からさし込みます
④さし込んだ部分と、始めに作ったこぶの端を引っぱって、キュッと締め形を整えます

スポンサードリンク

<ミラノ巻き>
①ストールを3:1くらいになるように首からかけ、長い方をくるりと首に一周させます
②右の先端を首に巻いた部分の下から引っ張り、ループを作り、そこに左の先端を通す
③ループに通した先端を、優しく引っ張って出し、右の先端の引き出す
④両方の先端が、左右同じくらいになるよう引っ張る
⑤首元に少しふんわりと余裕を持たせ、結び目にボリュームを出す

また、お店の冷房が寒いなと感じたり、外を歩く時などは、「カーディガン巻き」や「おだんご結び」を覚えておくととても便利です。

<カーディガン巻き>
①ストールを広げて肩をおおうように羽織り、体の内側になる角と角を持ちます
②端を持ったまま背面にまわし、後ろで固結びします
③結び目が隠れるように、背中のストールを上にかぶせます

<おだんご結び>
①ストールを広げ、肩をおおうように羽織ります、
②片側を細く絞り、胸の上あたりでこぶ結びします
③こぶが無い方のストールを端から20cmくらいのところをループにして、こぶの上側から通します
④こぶから少し出たら形を整え、左右同じになるように形を整える
(こちらの結び方は一番最後に紹介されています)

ここに注意!あまりにたくさんの結び方を一度に覚えるのは難しいので、気に入ったものを3つくらい選んでマスターしよう!

 

ストールが映える夏らしいコーディネートをしよう

特に夏にストールをする場合は、コーディネートにも注意したいですね。ストールが映える夏のお洋服をいくつかご紹介します。

    <ストールが似合うファッション>

  • 無地のTシャツ
  • 胸元がすっきりしたカットソー
  • 単色やストライプのワンピース
  • ノーカラーのブラウス
  • 白のチュニック
ここに注意!トップスはシンプルなものを合わせるのがポイント!ストールでアクセントをつけてオシャレ上級者になろう!

 

まとめ

ストールを巻く時は、髪もアップにしてすっきりとまとめると夏らしく爽やかで、ファッションのアクセントにもなりますので、素材や巻き方、またストールが映えるお洋服を選んで、日焼け防止をしながらオシャレに夏を過ごしましょう。

関連記事はこちら!
☆ストールの夏にイイ巻き方!日焼けや冷房対策が簡単にできるおしゃれテク☆

スポンサードリンク

 - 美容・健康 ,

  関連記事