のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

サンタクロースへの子供の質問!正体は?ホントはいないんでしょ?に素敵に答えよう

      2017/12/20

クリスマスが近くなると子供達からサンタはどこから来てどこから入る?どうして空を飛べるの?など可愛い質問が飛び出します。

正解なんてないけれど、せっかくなら子供達が納得する素敵な答えをしてあげたいですよね。

 

突然の質問にドギマギしないようにちょっぴりドリーミングな答え方を備えておきませんか?

 

スポンサードリンク

サンタクロースの子供からの質問に夢のあるステキな答えを!

クリスマスですからパパもママも「サンタさんのこと、ちょっと気になったから調べてみたの!」という感じで、スラリと言える素敵な答えを頭の隅にいれておきましょう。

 

サンタクロースはどこに住んでいるの?

サンタさんは昔は北極にいたらしいんだけど、あまりに寒いから食べ物がなくなってトナカイにあげる餌がなくなったんだって。

それで今はお引越ししてフィンランドに住んでるらしいわよ。

 

サンタクロースはプレゼントをどうやって作るの?

プレゼントはサンタさんのお家で1つ1つ作ってるの。

サンタさんは魔法でなんでも作れちゃうから、おもちゃを作るのなんて簡単なことなんだって。

 

サンタクロースは煙突がないとどこから入るの?

煙突がなくても、窓から入れちゃうから大丈夫。

もし鍵が掛かってても扉をすり抜けて入れちゃうんだって。

 

サンタクロースは何人いるの?

サンタさんは世界中の子供のプレゼントを届けないといけないでしょ?

だから何人かいるらしいけどそれはママも知らないの。

 

サンタクロースはプレゼントを配り切れるの?

サンタさんのソリはすっごい早いの!

しかもシャンシャンって鈴の音を鳴らすともっと早くなるから一晩でみんなにプレゼントが届けられるんだって。

 

サンタクロースとトナカイはなぜ空を飛べるの?

サンタさんは世界中の子供にクリスマスプレゼントを届けなきゃいけないでしょ?

普通に車とかで走ってたら間に合わないから特別に空を飛べるトナカイさんに手伝ってもらってるんだよ。

 

サンタクロースの手紙に申し込んでおくとフィンランドからサンタさんのお手紙が届く嬉しい演出もできます!ムードを盛り上げるために利用してみるものおすすめです。

日本・フィンランドサンタクロース協会: サンタさんからの手紙
2015年は12月1日まで受付中 ⇒ 例年12月上旬に締切
サンタクロース村<サンタクロースからの手紙>
2015年は12月7日まで受付中 ⇒ 例年12月中旬に締切


スポンサードリンク

サンタクロースの正体は親なんでしょ?という子供には?

でも中には「サンタなんていないんでしょ?サンタはママなんでしょ?」と言い出す子がいます。

そんな時は子供の性格やなぜそんなことを言うのか気持ちをくみ取って、その子に一番合った答えを選んで伝えてみましょう。

 

☆そう言いながらサンタを信じている子供には…
「サンタさんは信じてる子のところにしか来ないの。信じない子のところには来なくてかわいそうだから親が買ってあげてるんじゃない?」

 

☆謎のままにしておきたい場合は…
「(小さい声で)本当はね、お母さんもサンタさんは見たことないんだ。でもプレゼントがあるんだからサンタさんはいるって思ってるの。」

 

☆ちょっと笑いを取って…
「このケチなお母さんがそんな高いもの買うわけないでしょ!」

 

 

ちなみに我が家では偶然図書館で見つけた「だれも知らないサンタの秘密」を渡してみたら急にサンタさんモードがアップ!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だれも知らないサンタの秘密 [ アラン・スノー ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/12/12時点)

 

みんなが気になるサンタの知られざる秘密がたーっぷり詰めこまれています!

 

なんだかすごく気に入ったようなので購入しようとしたら楽天Booksでは既に欠品だったので、いつもお世話になっている絵本ナビで買っちゃいました。

「なんだそれ~!」って思わずツッコミたくなるユーモア溢れることも書いてあるので、子供の喰いつきは上々!クリスマスまでワクワクできそうです(笑)



 

 

ちなみに海外の子供達はサンタさんにお礼をしてるって知ってました?!

なんだかとってもカワイイので我が家も娘にお話してみようと思います。(*別サイトに飛びます)

 

 

サンタクロースはいないんでしょ?と言い始めた子供には

段々と大きくなって小学校の中~高学年になると、本格的にいつまでサンタは家にやってくるの?本当はいないんでしょ?と言いだす時がやってきます。

 

そんな時は是非今までサンタさんを楽しみにしていた子供の気持ちを壊さないように、こんな風に夢を与えながらも現実も織り交ぜながら伝えてみてはいかがでしょう。

 

サンタさんはいるよ!

でも最近は昔とは色々変わってきて家に入るのも難しくなったし、みんなが欲しいものの種類も多くなったからすべてサンタさんだけするのは大変になっちゃったの。

だからパパとママが代わりに受け取って枕元に置いてるだけなのよ。

でもあなたが欲しいと言ったプレゼントは昔サンタさんにプレゼントをもらった色んな大人達が力を合わせて作ったり運んだりして枕元に届けているのね。

確かにサンタさんから直接プレゼントは届いていないけど、このプレゼントにはたくさんの人の「これを受け取った子供は幸せになるといいな。」っていう願いが込められているのよ。

 

少し大人になった子供にはサンタさんもすごいけど人に幸せを届けられる人になれるってことはとても素晴らしいことだということ。

そしてこれから少しづつそれがわかる人になってくれたら嬉しいという願いを込めて伝えてみてはどうでしょう?

 

これを子どもがちゃんと理解ができたらサンタさんからではなく、親から心をこめてプレゼントを贈るように変えてみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

まとめ

子供が小さい頃はサンタさんがテレビに出てたり保育園や幼稚園などにもやってくるので、子供は教えなくてもクリスマスになるとサンタがプレゼントを持ってやってくるんだと思うようになります。

だから無理に信じさせる必要もないけど、信じさせない必要もありません。

 

確かにサンタさんを信じるも信じないもその人次第だけどサンタクロースには夢があります!

だから何かに気が付く時は遅かれ早かれやってくるのでそれまでは子供の思いに合わせて、あなたなりのサンタさんの形をステキにお話してみてはいかがでしょう。

だってサンタクロースはみんなの心の中に住んでいるんですから☆

 

スポンサードリンク

 - 季節の行事 , ,

  関連記事