のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

日焼け止めを顔に塗る順番とタイミング!効果を持続させるには?

      2016/11/09

 

忙しい朝でも日焼け止め対策はしっかりとしたいもの。

特に顔は一番焼けやすいけど一番焼きたくない部分だから、少しでも効果的にしっかりしたとケアしながらお化粧もしたいですよね。

そこでこちらでは朝にメイクをする時の日焼け止めの順番や塗り方など、毎日したい日焼け止め対策についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

日焼け止めを顔に塗る順番は?

日焼け止めはリキッドファンデーションの後がいいとか乳液の前がいいとか色んな説を耳にしますが、どこで塗るのが正解なんでしょう。

そこでまずはいつものメイクに日焼け止めをプラスしたお手入れの順番をご紹介しましょう。

 

化粧水

美容液(必要であれば)

乳液

日焼け止め

化粧下地(リキッドファンデーション等)

ファンデーション(パウダー)

 

そう!日焼け止めはあくまでスキンケアのひとつなので、お肌の手入れの仕上げとして乳液の後に塗るのが正解です。

 

それぞれのスキンケアの間隔は少し空けてするのがポイント。
肌になじんでメイクのノリも良くなって化粧崩れもしにくくなりますよ。

 

日焼け止めを塗るタイミングはいつ?

忙しくてもメイクも着替えも朝ご飯も欠かせませんが皆さんはどのタイミングでメイクをされていますか?

実は日焼け止めの効果を発揮させるにはいつ塗るかっていうことも大事なんです!

 

日焼け止めの効果が出るまでには時間が必要

日焼け止めクリームは出かける30分前までに塗るのがベストです!

それはクリームを塗った後、日焼け止め成分が肌の角質に浸透するのに時間がかかるため。

メイクをしてすぐに出かけると十分な効果が得られない可能性があるので、その時間が取れない場合はファンデーションやアイメイクは後にするなど、せめて日焼け止めまでを先に済ませちゃいましょう。

 

例えばこんなスケジュールなら出かけるまでに30分くらいはかかりますよね。 (管理人の朝はこんな感じです^^;)

朝ご飯→歯磨き→日焼け止めまでの下地メイク→洗濯物を干す→洗い物をする→残りのメイク→着替え→ヘアセット

 

POINTもし身支度の最後がメイクという方は朝の支度の順番を変えてみると良いでしょう。
スポンサードリンク

 

日焼け止めの効果はどれくらい持続する?

日焼け止めって朝塗ったら一日効果が持続してくれたら嬉しいですよね。

まさに管理人もそう思う1人で、SPFの数値が高いものを塗れば日焼けしにくいと思って数値の高いものを選んじゃうんですが、実はSPFの数値は日焼けしにくいという意味ではなく、効果が持続する時間なんです。

 

知ってた?!日焼け止めクリームのSPFとPAの意味

●SPFとは?

SPFとは、何もつけない状態で日焼けする時間が何倍伸ばせるかを表したものです。例えば日本人がなにもしないで日焼けするまでの時間が20分とされているので、日焼けするまでにはこれくらいの時間がかかることになります。

SPF20なら×20分で約400分(6時間40分)
SPF30なら×20分で約600分(10時間)

●PAとは?

PAというのは肌が黒くなる原因となるUVAの防止効果を表す数値です。まったく何も塗らない状態で日焼けする時間を1とした場合の効果を表しているので、+が多い方がその効果が高いとされています。

PA+・・・・・2~4倍程度の効果
PA++・・・・4~8倍程度の効果
PA+++・・・8~16倍程度の効果
PA++++・・16倍以上の効果

 

確かに数値が高ければ高いほど日焼け止めの効果があるように思いますが、数値の高いものは肌への負担も大きいので、日常の外出が2時間以内の人は、SPF20~25程度、PA+かPA++程度のもので十分ですよ。

POINT日焼け止めを塗っても汗をかいたり手で擦ったりして落ちてしまうため、パッケージには大体2-3時間で塗り直すように注意書きされているのです。

 

日焼け止めは塗る量を守ることも大事

ちなみにちゃんとした日焼け止めの効果を持続するためには正しい量を塗ることも大切なんです。

 

実はSPF値は国際SPF測定法(紫外線の防止効果に関する国際的な基準)で、皮膚1cm×1cmに2mgを塗った場合の日焼け止めの効果が得られる数値と決められています。

つまり顔全体に塗るとしたらクリームタイプなら真珠の粒1.5~2個分、乳液タイプなら500円玉大くらいを塗らなくてはならないということになるんです。

 

でもこれ実際に塗ってみるとかなりの量なので白いクリームタイプの場合は、しっかり時間をかけて塗りこまないと真っ白おばけみたいになっちゃいます(笑)

 

POINTできればさっぱりと伸びの良い乳液タイプか色のついた化粧下地を兼ねたものが簡単に塗れておすすめです。

 

日焼け止めをより効果的に持続するには?

効果をより高めるためにはクリーム以外にも、こんな日焼け止め対策も併せてするのがおすすめです。

 

化粧直しをする

お昼休みに一度メイクを拭きとって下地からメイク直しをすると日焼け効果がアップします。

またガッツリ下地からの化粧直しをするのが難しい場合は、UVカット効果のあるパウダーを上から軽くたたくだけでも日焼け止め効果を補えますよ。

>>>化粧直しで日焼け止めを簡単キレイに塗り直す方法

 

日除けグッズで効果を補う

外を歩く時は日傘や帽子など顔をカバーするアイテムを使ったり、車でも強い日が車内に差し込む朝夕は帽子などをかぶった方がいいでしょう。

ただ通勤や仕事中に日傘をさしたり帽子をかぶったりするのはなかなか難しいので、そういう時はせめて日陰を選んで歩くなど、なるべく強い日差しを直接浴びないようにすると良いですね。

 

日焼け止めサプリで体の中からもケア

飲む日焼け止めサプリで体の外からだけじゃなく内側からもケアしちゃいましょう。

実はこのサプリを飲んで日焼け止め対策をするのは海外ではポピュラーな方法で、日本でも多くのモデルさんなどが実践しているんです!

 

しかも飲むサプリには塗る日焼け止めにはないこんなメリットもあるんです。

・シミやシワなどの原因に中からケアできる!
・汗や水で流れる心配がない!
・頭皮や目など日焼け止めが塗れないところにも日焼け止めができる!

 

また飲む日焼け止めサプリ P.O.L.C. [ポルク] に含まれるグレープフルーツやローズマリーなどの植物由来成分から抽出されたニュートロックスサンと言う成分には、シミやそばかすの原因となる「活性酸素」を除去してくれる作用があると言われているんです。

さらにクロセチンやざくろエキスなどの美白美容成分、肌荒れやニキビ改善に効果的なビタミンなども豊富に含まれているので、高い美容効果も期待できます。

しかも朝だけ飲めばいいのでズボラさんやウッカリさんでも続けられそうですね。

 

 

POINT体の外からは日焼け止めを塗って、中からはサプリでケアのWケアで完璧な日焼け止め対策で一年中お肌を日焼けから守りましょう!

 

まとめ

朝に日焼け止めクリームを塗っただけで、完璧に日焼けを防ぐのは難しいということなんですね。

でも朝のお出かけ前にきちんとクリームを塗れば、効果は少しずつは落ちるとしても、まったくなくなってしまうわけではないので、できるだけ朝のメイク時に丁寧に正しく日焼け止めクリームを塗ったり体の中からも日焼け対策を心がけましょう。

 

スポンサードリンク

 - 美容・健康 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

母なるスムージーの美味しい飲み方!カロリーが低めで効果的なのは?

40代ともなると見た目以上に健康も気になる。でも運動や努力も苦手なのでできれば楽 …

ノロウィルスが回復する日数と食事はいつから?回復後に良い食べ物は何?

  凄まじい嘔吐と下痢が特徴のノロウィルスは、感染性胃腸炎を引き起こす …

インフルエンザ解熱後何日で出勤可能?感染期間と咳の感染力は?

インフルエンザに感染した場合、熱が下がるとどうしても仕事のことが気になって1日も …

ダイエットに効果的な食べ物と食事メニュー!食べてはいけないものとは?

食べる量を減らしてみたけどなかなか体重が減らない原因のひとつは食べていないこと。 …

酢生姜
酢生姜が食べにくい時に食べやすくする方法とアレンジレシピ

  酢しょうがは血行を促進し、高血圧・高血糖・冷えなどの改善の他、ダイ …

花粉症の鼻づまりに効く市販薬と解消グッズ!スプレーは良くないってホント?

花粉症で鼻づまりが酷いけど、病院に行く暇はない。そんな時に便利なのは通販や薬局・ …

腰痛は簡単ストレッチとストレッチポールで改善!腸腰筋を鍛えるといいってホント?

腰痛は様々な症状や原因があり悩みもそれぞれですが、デスクワークなど座っていること …

成人式のメイクを自分でする時のコツ!着付けとの順番は?

成人式のヘアと着付けは美容室にお願いしたけど、やっぱりメイクは自分でしようという …

ファー帽子別コーディネート!初心者はロシア帽とボンボン付きがおすすめ

男子が好きな秋冬のファッションのポイントと言えばフワモコ! できれば帽子くらいか …

ストールの夏にイイ巻き方!日焼けや冷房対策が簡単にできるおしゃれテク

夏にさりげなくストールで日焼けや冷房対策できちゃってる人って、なんかおしゃれでか …