のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

お中元を喪中のお宅に送る時のマナー のしにも注意しよう

      2015/06/11

931030df6778cb67d43784ec04d7d8bd_s

喪中のお宅にお中元を贈ってもいいの?いざ直面するとどうなんだろうと悩んでしまうことありますよね。

そこでこちらでは喪中の場合にお中元は贈っても良いか?

また贈る時に気をつけたいマナーや、のしなどについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

お中元を喪中のお宅に送るのは良いとされている?

まず知りたいのは、喪中でもお中元を送ってもいいかということですが

お中元は送っても問題はありません。

お歳暮も同様ですが、お中元はお祝いごとではなく季節の挨拶
なので基本的には喪中でも送って構いません。

ここに注意!お中元は日頃からお世話になっている方々へ、年明けから中元までの半年間の感謝の気持ちを送るという意味です。
特に毎年贈っているのであれば、変わらずお送りすると良いでしょう。

 

お中元を喪中のお宅に送る時のマナー

基本的に喪中でもお中元は送って良いものと言われていますが
送る時期には注意が必要です。

まず四十九日が過ぎるまでは、遺族は何かと慌ただしく、
まだ気持ちも落ち着かない人もいますので、
忌明けとなる四十九日が過ぎてから送りましょう。

スポンサードリンク

もし四十九日が過ぎていなかったり、あまりに気落ちされて
いるようでしたら、お中元の時期
(関東なら7月初旬~7月15日まで、関西なら7月下旬~8月15日まで一般的)
をずらして

「暑中御見舞」(暑中お伺い)または「残暑御見舞」(残暑お伺い)

として送りましょう。

ここに注意!喪中のお宅には、お中元に加え、御供も多く贈られますので、日持ちのするものを贈って差し上げるといいでしょう。

お中元を喪中の方に贈る時はのしに気をつけよう

喪中のお宅にお中元を送ること自体は失礼には当たりませんが、
喪中の場合紅白はふさわしくありませんので、通常お中元で使われている
紅白の水引の熨斗は避けましょう。

その際ののしは、白い無地ののし紙か、白短冊に「御中元」
もしくは、時期をずらして贈る場合は「暑中御見舞」「残暑御見舞」
と表書きをしたものを付けて贈りましょう。

ここに注意!紅白以外ののしは、デパートや通販でも対応してくれますので、気軽に相談してみましょう。

まとめ

●基本的には喪中でも、お中元のやりとりに問題はない。
●贈る時は忌明け(四十九日以降)に贈る
●時期が過ぎた場合は、暑中御見舞や残暑御見舞として贈る
●のしは紅白の水引は使わず、無地の熨斗紙か、白短冊を使う

喪中の時は、お祝いごとだけでなくお中元やお歳暮も
贈らない方が良いと思っている人も多いようですが、
マナーを守って送れば失礼には当たりませんので、
こちらを参考にして季節のご挨拶を贈りましょう。

スポンサードリンク

 - 暮らし

  関連記事