のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

アイスコーヒーの美味しい作り方と作り置きの保存法と期限

      2015/06/11

a0027_000832

会社のお昼や休憩タイムで、おいしいアイスコーヒーが飲めたら嬉しいですよね。
そこでこちらではおいしいアイスコーヒーの作り方や、保存する時の注意点、またおいしく飲める期限についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

アイスコーヒーの2つのおいしい作り方

アイスコーヒーを自分で作る方法としては、大きく分けて
こちらの2つがあります。

  • ホットを淹れながら急冷する方法
  • 時間を掛けて水出しにする方法

こちらでは簡単にそれぞれの特徴と、作り方をご紹介しましょう。

 

ドリップでのアイスコーヒーの作り方

アイスコーヒーをドリップで作る方法はいくつかありますが
おすすめはこちらの”急速冷却法”です。

1 コーヒーポットの上に普通にフィルターをセットする
2 コーヒーのポットに落としたい半量の氷を入れておく
3 半量のお湯でコーヒーをドリップする
ここがポイント!ドリップで急速冷凍で作るアイスコーヒーの特徴は何といっても”香りの良さ”です。濁りのない透明感のあるおいしいコーヒーが飲みたい方におすすめです。

 

水出しアイスコーヒーの作り方

水出しはコーヒーに水を注ぎ、”じっくりと抽出する方法”なので、
なるべくおいしいお水を使いましょう。

1 サーバーなどにお好みの量のコーヒーを入れる
2 水を注いで10~24時間、冷蔵庫においておく
3 ろ紙やコーヒーフィルターで漉します

フィルターなので漉すのが面倒だという場合は、とても便利な
水出しコーヒー専用の、”水出し珈琲ポット”
などもありますので、そちらを購入してもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

またもっと簡単に水出しコーヒーが作りたいという方には、
ティーバックならぬ”コーヒーバック”があります。

麦茶を作る時のようにサーバーなどにお水を入れてコーヒーバックを
入れておくだけなので、豆を処分したりする手間もないので
めんどくさがり屋さんや、時間がない時などにはおすすめです。

ここがポイント!水出しコーヒーの特徴は、”さっぱりとしたまろやかな口当たり”でしょう。特にアイスコーヒーの苦みが苦手という方におすすめです。アイスカフェオレなどにすればさらにおいしく頂けます。

<おいしいアイスコーヒーを作る共通のポイント>

アイスコーヒー専用の豆か、フレンチローストかイタリアンローストなどローストの強い豆を買いましょう!
またコーヒーはできるだけ早く冷まして、冷蔵庫に保存すると風味もあまり落とさずに楽しめます。

 

アイスコーヒーを作り置きする時は冷蔵庫で保存しよう

サーバーやティーポットなどのようなものでも良いですが
より風味を持続させたいのであれば、
密閉容器に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

また、ガムシロや、ミルクなどを入れて飲みたい場合は
作った時には入れないで、飲む時に入れる方が
風味が落ちるのを防ぎ、その時の気分にも合わせられるので無難です。

 

アイスコーヒーの作り置き期限はどれくらい?

飲食店などで考えられる賞味時間は24時間ですが
個人で楽しんで飲むのなら、2-3日くらいは大丈夫です。

もちろん2-3日で傷んだり、悪くなるというわけではありませんが
段々と酸化して味や風味が落ちていきますのでできれば
2-3日で飲み切れる量を作り置きするようにしましょう。

 

まとめ

おいしいアイスコーヒーは便利なグッズを使ってみたり
ほんの少し気にする
だけで、意外と簡単に作れますので
是非今年は、おいしいアイスコーヒーを飲んでリフレッシュしながら
暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

 - グルメ

  関連記事