のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

中学生の娘がわきが?10個の対策と改善するための食事!親がしてあげられることは?

      2017/10/18

8ffc3287fdd33999fd8129d1db0916f9_s

中学生の娘からツーンと鼻をつく臭いが…

これってもしかしてわきがかも?と思うと親としてはやはりショックなものです。

 

わきがは遺伝するとも言われているけど不衛生にしている場合でも起こるので、まずはできることをやってあげなくてはなりませんよね。

そこでこちらでは中学生の娘さんができる、親がしてあげられるわきが対策についてご紹介します。

 

中学生の娘がわきが?そのとき親がすることは?

女の子の場合、胸が膨らみ始めて女性らしい体つきになり始める思春期を迎える頃から、臭いは発生しやすくなると言われています。

なのでまずは臭いがあると感じたら「わきが」かどうかを確かめてみましょう。

 

ワキガかもと思ったら耳垢を見てみよう

匂いはワキガ原因かどうかを見極めるなら耳垢を見てみるといいでしょう。

 

通常耳の中は乾いているものですが、わきがの原因となるアポクリン腺という汗腺があると耳垢が湿ってしまうので一般的に耳垢が湿っているとワキガだと考えられています。

 

わきがだとわかったら親はどうすべき?

ほぼワキガであることが間違いなかった場合、親としてはどうしたらいいのか悩むところ。

 

本人もワキガであると気がついていればそのままストレートに話して改善策を一緒に考えたらいいですね。

ただまだ気がついていない場合、言うべきか言わないべきか…どちらが本人のためか悩みますよね。

 

でも遅かれ早かれ自分自身でもしくは周りから言われて気がつくことになるので、はやりきちんと本人に言って話しあうことが大切です。

 

ただその場合、いきなり臭うなどと言ってしまうと思春期の娘さんは傷ついてしまうので、まずは

「最近暑くなってきたけど臭いが気になることってない?ちょっと!お母さん大丈夫?」

など、さり気なくその話題に触れてみると良いでしょう。

 

ところでわきがの原因ってなに?

わきがには大きく分けて2つの原因が考えられます。

 

1つ目は、汗をかいたまま放置したり、不衛生な状態で雑菌が繁殖して起こるケースですが、この場合は清潔にすることで改善することができます。

 

2つ目は、親による子供への遺伝です。

わきがは人よりも臭いを発生させるアポクリン線が多い体質のことで、両親のいずれかがわきがの場合は約50%、両方の場合は約80%という確立で遺伝すると言われています

 

POINT遺伝の場合、清潔にするだけでの改善は非常に困難なのでそれ以外の方法も組み合わせて試してあげると良いでしょう。

 

ワキガが原因で心を傷つけられることを言われた・いじめられた・引きこもってしまった、そして不登校になってしまったなどは実際にある話です。

だからこそそうならないためにも親として落ち込んだり自分達の遺伝を責めたりする前にまずはできる限りの対策をして一緒になって改善していきましょう。

 

中学生でもできる10個のわきが対策

では娘さんがワキガだった場合どのような対策ができるのでしょうか。

大人と違い、子供ができるケアには限界もありますが中学生でもできるワキガ対策は色々あります。

 

1.毎日しっかりとお風呂に入る

やはり清潔にすることは、ワキガでなくても臭いを防ぐためには重要なことなので、どんな時でもちゃんとお風呂に入るようにさせましょう。

また可能であれば、少しだけ早く起こして朝からシャワーを浴びさせるのも効果的です。

 

2.ムダ毛(わき毛)を剃る

ワキガのあの独特な臭いは脇の下のアポクリン汗腺から出る汗が雑菌と混じり合って発するものなので、雑菌が繁殖しやすくなるわき毛はきれいに剃るよう言いましょう。

 

注意わき毛を抜くと毛穴が開いて汗が出やすくなってしまうので厳禁です!

 

3.こまめに着替える

家ではもちろん、汗をかいたらいつでも替えられるように着替えを持たせましょう。

また着替えたシャツなどから異臭を放つといけないので着替えを入れる袋には消臭剤を入れておきましょう。

 

4.規則正しい生活を送る

生活のリズムが乱れるとホルモンバランスが大きく崩れてしまいます。

特に睡眠不足は体内の悪い脂の分泌を促進させてしまうので、睡眠時間は十分とらせましょう。

 

5.適度な運動をする

汗をかくと臭いが気になるから運動をしないというのは逆効果です。

運動をしないと血行が悪くなり、汗腺が酸素不足になります。

 

すると他からエネルギーを集めようとして、そこで臭いの原因となる物質を体内に蓄積してしまいまうんです。

なので適度な運動は必要なので一緒に軽い運動を楽しみましょう。

 

6.肥満の場合はダイエットも!

比較的肥満の人は体臭がきつい傾向にあります。

もし学校の身体測定で肥満気味であった場合はダイエットをしてみるようにすすめてみましょう。

もちろん育ち盛りなので、無理な食事制限ではなくまずはお菓子や甘い飲み物を与えない、適度な運動を一緒にするなどを実践しましょう。

 

7.汗わきパッドを使う

制服やブラウスには汗わきパッドを仕込んでおきましょう。

可能であれば、汗をかいてしまったらトイレなどで交換するように言って替えも持参させましょう。

 

8.デオドラント商品を使う

まず汗取りシートで脇の下を拭きとって清潔な状態にしてからスプレーを使いましょう。

中にはスプレーなどの使用を禁止している学校もあるのでその場合は汗取りシートのみをトイレの中などで使うと良いでしょう。

 

POINT臭いが気になるとつい香り付きの商品をを選びたくなりますが、ワキガの臭いと混ざるとさらに異臭を放つことになってしまうので無香料のものを選びましょう。

 

9.ミョウバンを試してみる

制汗・殺菌・消臭作用があるミョウバンはとても効果的と注目されています。

 

ミョウバンはお風呂に入れて浸かったり直接脇に塗ったり、水で薄めたもので直接拭いたり容器に入れて直接スプレーしたりと色々な使い方ができます。

しかも価格も100円程度ととてもリーズナブルなので色々と買う前にまずは気軽なミョウバンを試してみると良いでしょう。

 

10.わきが専用クリームを塗る

ミョウバンもいいけどちょっと面倒という場合は、今はさまざまな雑菌の繁殖を防いで臭いをおさえるわきが専用クリームがあります。

 

効果には個人差がありますが、自分に合ったものだと臭いがほとんど気にならなくなることもあるので試してみるのもいいですね。

 

特に【クリアネオ】は中学生の子供にも安心!

  • 無添加、無香料+パッチテスト済みで子供の敏感なお肌にも安心
  • 殺菌成分+制汗成分のWの効果で臭いの元にアプローチ
  • 定期便は1回でも解除可能!さらに満足いかなかったらいつでも全額返金!

こまめに塗らなくてもいいところや効果や品質も高いと評判なところは一度試してみる価値はあるかもしれませんね。



>>>ワキガ対策クリームならクリアネオ

 

対策は1つでなく組み合わせて実践するのが効果的!

中学校という場所でも無理なくできるもの+家でしっかりケアできるもので、できる限りの対策を試してみましょう。

 

わきがを改善するには食事にも気をつけよう

ワキガは食べ物でも改善することができるので毎日の献立もよく考えてみましょう。

 

ワキガに良くない食べ物

まずはこんなものはなるべく避けましょう。

 

  • 脂身の多い肉
  • カツや天ぷらなどの油で揚げたもの
  • バター
  • チーズ
  • ジャンクフード(ファーストフードなど)
  • インスタント食品(ラーメなど)
  • ケーキや菓子パン
  • スナック菓子

 

ワキガを改善する食べ物

できるだけこんなものを!

成長期の子供にとっては一石二鳥の食べ物ですね!

 

  • 緑黄色野菜
  • 海藻類
ワキガは食の欧米化が影響していると言われているので、基本「和食」がおすすめ!

特にビタミンA(ほうれん草、人参、かぼちゃなど)や、ビタミンE(しそ、パセリ、ごまなど)を多く摂り入れるメニューがおすすめです。

 

中学生くらいなら、ジャンクフードや炭酸飲料、スナック菓子、ケーキなどが好きなのは仕方ありません。

でも体に良くないということをきちんと説明し、なるべく家に置かないようにするなどして家族みんなで協力し合いましょう!

 

まとめ

お父さんやお母さんも一緒になって生活習慣や食習慣を改善してもあまり効果がみられないというならば皮膚科や専門機関で相談して診てもらうのも良いでしょう。

専門的な意見を聞けば意外と悩まずにすむかもしれませんしね。

 

それでもあまり改善が見られないなら手術を考えてみるのもひとつの方法です。

確かに今までは手術をすると傷が残ったり術後のケアが気になるのでなかなか決断できなかったかもしれませんが、最近は小学生でもできる安全で負担が少ない最新の医療機器を使った治療法もありますからね。

 

子供のわきがのケアや治療は色んな方法があるので、生活スタイルや悩みの度合いなど色んなことをよく考えて娘さんにとってよりよい方法を見つけてあげてくださいね。

 

 - 子育て , ,

  関連記事