のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

インフルエンザ予防接種の1歳の効果や回数と間隔は?保育園に通う子はするべき?

      2015/09/11


保育園に通う1歳の子どもの場合、インフルエンザの予防接種はするべきか悩む親御さんもきっと多いでしょう。

そこでこちらでは1歳の子どものインフルエンザ予防接種をした時の効果や、する場合の接種回数や間隔、望ましい接種時期についてをご紹介。

ぜひ保育園に通うお子さんのワクチン接種をするべきか、しないべきかのご参考に。

 

スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は1歳過ぎの子に効果はある?

インフルエンザの予防接種は生後6カ月から可能ですが、1才未満だとその効果についてはあまり期待できないと言われていますが、1歳を過ぎるとある程度の効果はあると言われています。

それはどれくらいかと言いますと、厚生労働省の報告では1歳から6歳の子どものワクチンの有効率(発病阻止効果)は30%前後と言われています。
これは全員が予防接種をした100人と、しなかった100人のクラスがあって、しなかったクラスで10人が感染、接種したクラスでは7人が感染した場合、3人少なかった=30%の効果があったということです。

ちなみに流行する型によっても異なりますが、大人の場合の有効率は70~90%ということと比較しても、年齢が低いほど有効率も低いと言われているのがわかりますね。

またインフルエンザの予防接種をしても、インフルエンザにかからないとは言い切れませんので感染する子もいます。

あくまでインフルエンザワクチンを接種していれば感染した場合に重症化(脳症や肺炎など)しないことが多いと言われているのです。

発病阻止効果は30%前後と聞いて、「それだけ?」と思った親御さんも多いかもしれませんが、今のところ科学的に有効性が証明されているのはワクチンだけです。
インフルエンザの予防接種はあくまで任意接種なので、病院によっては3歳以下にはあまり効果がないと判断し、特に必要ないというところもあれば、1歳を過ぎたらある程度の効果は見られるので必要と判断する病院もあるので、効果があるかないかについての見解はかかる医師によっても大きく異なります。

 

インフルエンザの予防接種の回数と間隔は?

ではインフルエンザの予防接種をしようと思った場合、接種する回数や間隔、また打ち始める時期はいつ頃が好ましいのでしょうか。

 

インフルエンザ予防接種をする回数

小さな子どもの場合、1回の接種だけでは十分な免疫ができないため、生後6か月以上~12歳(13歳未満)の子どもの場合は、抗体の上昇をより確実にするために2回接種をします。

 

インフルエンザの予防接種を打つ間隔

2回目の接種は効果を高めるために、1回目の接種から3~4週間後に接種するのが最適です。

ちなみに重症化を予防するために必要な免疫ができるのは、2回目を接種して2週間ほどたった頃からです。

 

インフルエンザ予防接種をする時期

インフルエンザワクチンを接種してから抗体ができ、予防効果が現れるまでには約2週間がかかると言われています。

インフルエンザが流行し始めるのは年によっても異なりますが、一般的に12月頃から流行し始めることを考えると、12月頃までに接種を完了するのが好ましいので、10月頃に1回目、4週間後の11月に2回目を接種すると良いでしょう。

一般的にインフルエンザワクチンの予防効果が現れるまでに約2週間、またその後その効果は約5カ月間効持続すると言われていますので、もし10月の中旬頃に接種すれば3月くらいまでの効果が見込めることになりますね。


スポンサードリンク

インフルエンザの予防接種は1歳で保育園に通う子はするべき?

1歳頃は他にもやらなくてはならない予防接種もあって優先順位も悩みますし、なによりあの細い腕に何本も針を刺すことに抵抗を感じ、するべきか、しなくてもいいのかを決め兼ねるという親御さんもいるでしょう。

確かに保育園に行っていなければインフルエンザの時期は出かけないから予防接種もしない、という考え方もありだとは思いますが、やはり保育園で集団生活を送っている場合は予防接種をするのがおすすめです。

もちろん手洗いやうがいなどをこまめにしたり、マスクをしたりして予防に努めることも大事ですが、インフルエンザなどのウイルス性の病気は、ワクチンを接種するしか予防の手立てはありません。

しかもインフルエンザに感染してしまうと、一般的には少なくとも発症から5日、または解熱から3日以上を経過しないと登園できませんのでワクチンを接種して軽く済むような努力も必要ですし、なにより自分の子どもが感染源になることだけは避けたいですからね。

 

まとめ

インフルエンザの予防接種はしたからと言って絶対にかからないという訳ではありませんし、その効果についても医師によって意見も違いますので、するかしないか最終的には親の判断です。

予防接種はメリットもデメリットもありますが、少ないながらも効果は期待されていますので、保育園などで集団生活しているお子さんの場合は、お友達への影響なや、自分が感染のすることのリスクを少しでも減らすためにも、ワクチン接種してインフルエンザに備えることも大事ですので、是非ご夫婦でもよく話し合ってみてください。

そして「やっぱりやろう」と決めたら、家族全員で受けるようにしましょうね。

スポンサードリンク

 - 子育て ,

  関連記事