のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

夏のゴルフは熱中症対策に有効的なグッズや服装で万全に~男性編~

      2015/06/16

5c5838bea0288e075050cd227167dc26_s

ゴルフが大好き、日焼けも暑さも関係ない!なんて言う男性も多いでしょう。

でも夏のゴルフを楽しむには熱中症対策も大切です。

そこでこちらでは夏のゴルフに欠かせない熱中症対策と効果的なグッズ、また服装などについてご紹介します。

 

スポンサードリンク

夏のゴルフを楽しむための熱中症対策

熱中症とは、高い気温の中で起こる体の不調のこと。
体内の水分量・塩分量のバランスが崩れたりすることが原因で、暑さによって体温調の調整機能が働かなくなり、体温が上昇したり、めまい、けいれん、意識障害などの症状を引き起こしたります。

夏のゴルフはかなりの汗をかくので、こんな準備をしていくと良いでしょう。

●凍らせたスポーツドリンクを2本は持っていく
水分と塩分補給は重要なので、ハーフで1本づつは飲みましょう。

●濡れタオルを持っていく
クーラーバックなどに入れてカートに乗せておきましょう。途中で顔を拭いたりするだけでもだいぶ違います。

●ラウンド中はできるだけ日陰に
ショートホールなどで前が詰まってしまった時などはなるべく木陰にいるとか、カートに乗るなど日に当たらないようにしましょう。

●ハーフの時に頭から水をかぶる
女性には厳しいですが、男性だからこそできる技です!頭を冷やすとかなりスッキリしますよ。

 

ゴルフに行く時におすすめの熱中症対策グッズ

また今はゴルフで使える便利な熱中症対策グッズもたくさん出ているので、水分補給などと併せて使ってみるのもおすすめです。

●夏用キャップ
バイザーは直接頭に日が当たるので、特に夏は通気性の良いキャップやハットタイプの帽子をかぶりましょう。直射日光による暑さも減り、日射病の予防にもなります。

●アームカバー
腕を出して直射日光が当たると余計に暑さも感じ、日焼けもしますので、通気性が良く、さらっとしたゴルフ用のアームカバーがおすすめです。

スポンサードリンク

●ネッククーラー
有名スポーツメーカーから、紐付き、紐なしタイプなど、形も様々に販売されていますので、自分に合ったタイプを選ぶと良いでしょう。

●ゴルフ用晴雨兼用傘
晴雨兼用で紫外線を99%以上もカットしてくれる傘はもあり、実際にさしてみると違いがわかります!特に日陰の少ないコースではきっと活躍してくれるでしょう。

●制汗剤スプレー
アイスタイプの制汗剤は一時的ですが、体をクールダウンしてスッキリ効果が期待できます。

 

ゴルフを楽しむ服装は夏もマナーを守ろう~男性編~

夏のラウンドに絶対におすすめなのは、速乾性や、涼感素材のアイスタッチなどのアンダーシャツや、汗を吸収・発散するドライメッシュなどのポロシャツ、またポリエステル系パンツなどです。

これを着るといままでの綿パンツやポロシャツはもう着れませんよ!

また最近では名門コース以外ではあまりうるさく言われることも少なくなりましたが、やはり暑い夏でも服装にもマナーはありますのでドレスコードにも注意しましょう。

  • シャツは襟付きか、襟の高さのあるものを着用しましょう。
  • 男性が短パンを穿く場合は、ハイソックスを着用する方が無難です。
  • 暑くてもシャツはパンツにINして、ベルトを締めましょう。

まとめ

一般的に12時くらいが一番太陽の光が強く、その後地面が温まった14時頃が暑さのピークと言われていますので、プライベートでゆっくりゴルフを楽しみたいなら、7時くらいからスタートでスルーして涼しい時間にプレーを終えて、上がってからゆっくりお昼ご飯にするスタイルもおすすめです。

また普段あまり運動していない人は、いきなり暑い中でのゴルフは体が熱さに対応できずに熱中症になりやすいので、できればラウンドの日まで1日20-30分でいいので、朝夕の涼しい時間帯にウォーキングをして体力作りと、汗をかく習慣を体に覚えさせるもの有効的です。

是非熱中症対策と体質改善を心がけて夏ゴルフを楽しみましょう!

スポンサードリンク

 - 暮らし ,

  関連記事