のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

年賀状の書き損じは両面でも交換手数料で新しいものに!期限はいつまで?

   

毎年年賀状印刷で必ずと言っていいほど出る書き損じ。

郵便局で交換できるって聞くけど両面印刷しちゃったものなど、どんなものでも交換してくれるのか気になりますよね。

こちらでは交換できる年賀状や、交換する時の手数料、またミスプリントした年賀状はいつまで交換できるのかなど、気になる書き損じの年賀状についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

年賀状の書き損じは両面でも交換できる?

裏を印刷してあとは表書きで完成♪と思って、プリンターに連続印刷を任せておいたら向きを間違えたまま全部印刷が終わってたこと…ありませんか?

まさにこれ数年前の私ですが、もう本当にショックです( ̄ロ ̄;)

書き損じは交換してくれるとは聞くけど、こんな風に思いっきり両面に印字してしまった年賀はがきはさすがに無理なんじゃないの?と思いましたが、これでも大丈夫!

郵便局に持っていけばちゃんと交換してくれます!

そう、書き損じというとちょっと書き間違えたものというイメージがありますが、実は表面のみ、裏面のみ、両面ミスしたもの、またショップでお願いした全面写真のものなど、どんなものでも交換は可能なんです。

 
ただしこんな状態だと、交換ができない場合があります。

  • 額面(切手の部分)の汚れがひどいもの
  • 額面の部分が破れているもの
今年の年賀状の販売期間内であれば、今年の年賀状に交換することができますが、去年の書き損じた年賀はがきは今年の年賀状に交換することはできませんので注意しましょう。

 

年賀状の書き損じの交換手数料はいくら?

書き損じの年賀はがきは、新しい年賀状に交換できますが、交換するには1枚につき5円の手数料が必要になります。

もし52円の年賀はがきを50枚失敗してしまい、それを交換するなら5円×50枚=250円ということになりますね。

ちなみにやっぱり1枚62円のインクジェット写真用の年賀はがきにしたいという場合も、さらに1枚につき差額の10円を加算すれば交換も可能です。
※(差額:10円×50枚=500円)+(交換手数料:5円×50枚=250円)=750円

年賀状はゆうゆう窓口や、スーパーやコンビニなどでも販売していますが、書き損じの年賀状の交換は郵便局での受付となりますので、郵便窓口の営業時間内に持っていきましょう。


スポンサードリンク

年賀状の書き損じの交換期限はいつまで?

書き損じた年賀状を今年の年賀状に交換したい場合は、今年の年賀状販売期間内に交換しなくてはなりませんが、それを過ぎても1枚5円の手数料を払えば普通に販売しているはがきや切手、またレターパックなどにいつでも交換することができます。

でも待ってください!

どうせ交換するなら、お年玉付き年賀状の抽選日を待ってからがおすすめです。

もし3等の切手シートが当たっていれば、52円と82円が1枚づつのセットなので134円。交換手数料の5円を差し引いても129円のお得ということになりますからね!

ちなみに、切手シートなどが当たった年賀状は交換できないんじゃないの?なんて思っちゃいますが、当選したはがきも賞品をもらったあとに5円の手数料を払えば普通に切手などに交換してくれます。

実際に私も何度かありますが、郵便局の人は快く「あら~、ラッキーでしたね!」なんて言って交換してくれましたよ。

年賀状は、記念切手・特殊切手・年賀切手など一部交換できないものもあるので、詳しくは郵便局の窓口で相談して、一番自分が使いやすいものに変更してもらいましょう。

 

まとめ

年賀状の印刷はいくら気をつけていても、毎年必ず何枚かは失敗しちゃうという人も多いでしょう。

一瞬せっかく印刷したんだし、どうにかしたい、なんとかならないか?と考えますが、やっぱりあまりに酷い失敗や汚れの年賀状は、そのまま出しては相手に失礼です。

印刷代も交換手数料もちょっぴりもったいないけど、すっきりと新しい年賀状に交換して気持ち良く心をこめて新年のご挨拶を送りましょう。

スポンサードリンク

 - 暮らし

  関連記事