のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

友チョコは市販をデコ!可愛いデコ素材を使って簡単に作ろう

      2017/01/20

最近は友チョコブームで忙しいママやお菓子作りが得意じゃないママにとってはちょっと気が重い時期かもしれませんね。

でも子供が喜ぶならなんとか挑戦しないとと思っているママのいるでしょう。

でも10人以上に渡したいなんていうと量も多いからできるだけ安くて簡単にできて、さらに子供が楽しんで作れるオリジナリティのあるものがいいですよね。

 

そこでこちらでは市販のお菓子を使った子供だけでもできる簡単&可愛く&安くできる友チョコの作り方をご紹介します。

ママは材料をしっかり用意してあとは子供もに任せちゃいましょう!

 

スポンサードリンク

友チョコは市販のお菓子をデコレーションで楽チン時短♪

お菓子作りって思った以上に面倒なもの。

しかも10人以上に友チョコを作るとなるとかなり時間も費用もかかります。

そこでおすすめしたいのがこちらの板チョコを1枚使ったデコチョコです。

 

これならチョコを溶かしたり混ぜたり火にかけたりなどの面倒な作業は一切ありませんから、子供だけでも簡単にできちゃいます。

もちろん大人数ですから「安く作る」というのもひとつのポイントなので、後で費用についてもご紹介しますね。

 

チョコを簡単にデコれる簡単アイテムを使おう

簡単手作り友チョコに必要なもの

用意する材料はいたってシンプル!

こちらのものを揃えればOKです^^

 

【用意するもの】

板チョコ:好きなメーカーのもの
チョコペン:色んな色があると便利
アラザン:お好みの色や大きさを
スプリンクル:星型やハート型などお好みで

*バレンタインが近くなるとお店には色んなデコレーション用のアイテムが出てくるので、他にも気に入ったデコアイテムがあればそれも買ってくるといいですよ。

POINT板チョコは買った後は割れたり欠けたりしないように保管には十分注意しましょう。

 

チョコを簡単アレンジできる便利アイテムとコツ

あとはチョコペンを使って自由にデコレーションしていくだけなので、コツも何にもいりません!(笑)

でも参考までに簡単アレンジをいくつかご紹介しますね。

 

    • 板チョコの溝にチョコペンでラインをひいて、そこにアラザンを並べる
    • 凹んでいる部分に色んな色のチョコペンで四角く塗ってカラフルなタイル状チョコにする
    • ハート型のスプリンクルを並べてクローバーを作る(1つだけ四つ葉にするとカワイイ)

 

さらにもっとデコレーションのアレンジに挑戦したいならこちらのプチアソートというお菓子がおすすめ!

 

 

マーブルチョコ・アポロ・コーヒービーンズ・チョコベビーのセットですが、どれも単体で売っているものよりも小さ目なのでデコレーションするにはピッタリ!

これを使rばこんなアレンジも簡単です(*^-^*)

お花:マーブルチョコを真ん中に1つ、周りに5つ並べる
きのこ:チョコベビーを立てて上にアポロをのせる
切り取り線:チョコベビーをきれいに横に並べる
リボン:コーヒービーンズの横にアポロの先の部分をつける

 

手作りチョコを簡単に可愛くデコる裏ワザ

ただこのデコチョコ。

デコレーション自体はとっても簡単なんですが全面にしようとするとかなり時間がかかります^^;

 

子供達を見ていると大体4枚目くらいから雑になり、6枚目くらいには「もうヤダ~」と言いだし結局最後は手伝わされるハメに(笑)

そこでオリジナル感もあって可愛く盛れる、出来るだけデコるスペースを減らせるこんなアイテムを事前に用意しておくのがおすすめです。

 

★シリコン素材の型で、大きなキャラクターや可愛い形のチョコを作っておく

チョココーティングしたビスケットを作り絵を描く

★チョコを2-3mmくらいの厚さに流して固めておき、お友達の名前やメッセージを描く

これを板チョコの好きなところにチョコペンを使って貼りつければかなり場所を取るので、アラザンやスプリンクルで細かくデコる手間はぐっと減ります(笑)

スポンサードリンク

簡単デコチョコの作成にかかる費用は?

子供の手作りチョコは簡単に作れるのはもちろんだけど、できるだけ安くできるかもひとつのポイントですよね。

 

そこでご紹介したこちらのデコチョコにかかる費用をざっと計算してみました。

板チョコ1枚:約100円
チョコペン1/2本:約50円
アラザンやスプリンクル1/6袋:30円×2種=約60円
明治プチアソート1/5個:約30円

デコをどれだけ凝るかにもよりますがざっと計算しても1人分約240円でできちゃいます。

 

またもっとデコる部分を少なくしたいという場合は、板チョコではなく森永のDARSがおすすめ!

 

 

これなら繋がっていないからちょこんとデコるだけなのでもっと簡単にできちゃうし、もらったお友達も一粒づつ楽しみながら食べれますね。

 

板チョコデコは多少手間はかかるけど、子供と一緒に楽しんで作れるし親がつきっきりでいなくてもできちゃいます。またオリジナリティもあって友達ともかぶる心配もないので友チョコにはおすすめです!

 

まとめ

正直友チョコなんてカンベン!と思っているママもいるかもしれませんが、これが派手に続くのも大体小学生までみたいです。

デコチョコは指先を使い、デザインを想像しながら作るので図画工作の能力を伸ばす練習にもなると思えば決して無駄ではないはず!

是非しっかり準備を整えて友チョコ作りに協力してあげてくださいね。

 

スポンサードリンク

 - 季節の行事 , ,

  関連記事