のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

小学校の入学式は黒のパンツスーツで!素敵にコーディネートする方法は?

      2017/02/23

入学式に着る黒のパンツスーツ

小学校の入学式はパステル調のスーツを着たお母さんがいっぱい。

でも淡い色は苦手だし、できれば今ある黒のパンツスーツを着たいけど、黒って卒業式にしか着ちゃいけないとか言うし…と悩んでいるお母さんもいるでしょう。

 

でも黒のパンツスーツだって入学式っぽくコーディネートすれば大丈夫なんです!

そこでこちらでは入学式でも素敵に黒のパンツスーツを着こなすコーディネート法をいくつかご紹介します。

 

小学校の入学式に黒いパンツスーツを着てもいい?

中学や高校くらいになるとパンツスーツや黒や紺などの落ち着いた色のスーツを着たお母さんも多くなるけど、小学校の入学式は白やベージュなどの淡い色のワンピースやスカートスーツがとっても多く8割以上もいたなんてところもあります。

 

実際黒のパンツスーツを着ていたというお母さんはその学校や地域、またその日の気候などによっても変わりますが管理人の住む地域では大体クラスに1人いるかいないかくらいと聞きます。

 

ではなぜ入学式にはパステル系のスカートスーツの人が多いのでしょう。

 

入学式に淡い色のスカートスーツが多いワケ

諸説ありますが理由としてはこの2つが挙げられます。

 

まず1つめとしてスカートが多いのは昔から入学式はフォーマルな場と考えられてるからです。

 

女性のパンツスーツは作業着とかビジネス用という認識があるためフォーマルな場には不向きと考えられているんですね。

だから入学式のような場には相応しくないとされ、特に年配層の中には非常識と思っている人もまだいるんですが最近はこの考えも少し変わってきています。

 

あともう1つはお祝い事だからという理由です。

入学式は桜の咲く季節に行われる出会いと新生活の始まりの希望に満ちた日で、子供にとっては待ちに待った嬉しい日なので華やかで明るい色が相応しいと考えられています。

 

そのため入学式には淡い色のスカートスーツのお母さんが多いのです。

 

黒のパンツスーツに合わせるインナーやコサージュ

確かに入学式には淡い色のスーツのママが多いけど、入学式は子供の成長の節目となる式典。

お葬式や結婚式のような決まりはないのでマナーに反しない程度の清潔感のある服装をすることの方が大事なのです。

 

たとえ淡い色のスカートスーツを着ていても、ミニ丈に10cm以上もあるヒール、ゴールドのチェーン付きバッグにゆるふわロングヘアだったらどうでしょう。とても入学式を迎えた保護者には思えませんよね。

 

ですから黒のパンツスーツでも良識を持った保護者らしいコーディネートをすれば問題はないので、こちらではお祝いムードたっぷりの入学式にも合う黒のパンツスーツの華やかな着こなし方法をご紹介しましょう。

 

黒のパンツスーツに合わせるインナー

パンツスーツは特に黒の部分が多いのでインナーは色も形も華やかさを意識して選びましょう。

 

おすすめの形

●フリルの付いた立て襟のブラウス
●リボンタイブラウス
●シフォンフリルブラウス
●ビジュー使いのシフォンバルーンブラウス
●ティアードシフォンブラウス
●スカラップレースのラウンドネックシャツ

 

おすすめの色

●ホワイト
●アイボリー
●ベージュ
●薄いピンク
●薄いブルー

 

POINTオーソドックスな白のブラウスを合わせるとリクルートっぽく見えてしまうので、明るめの色のレースやフリルなどデティールに凝ったものを選びましょう。

 

黒のパンツスーツに合わせるコサージュ

スーツの色が落ち着いているので、コサージュは小さめの物より手のひらサイズくらいの大ぶりな物を選ぶのがおすすめです。

 

おすすめの色

●オフホワイト
●ベージュ
●アイボリー
●淡いピンク
●淡いブルー
●淡いパープル
●シルバー

 

POINT淡色でも良いですが入園式ならコントラストになっていたり、シルバーで縁取られいるものも華やかで素敵です。

 

ブラウスとコサージュを控えめな色で統一するととても上品でセンスよくまとまります。
またブラウスの胸元がシンプルなものを選んだらパールのネックレスをつけると、華やかでよりフォーマル感がアップしますよ。

 

スポンサードリンク

入学式っぽくパンツスーツをコーディネート

インナーと胸元のコサージュを明るいものに変えるだけでグッと入学式っぽく華やかになりますが、もし余裕があれば他のアイテムや身なりにも気を遣うと黒のパンツスーツがバッチリ決まります。

 

黒のパンツスーツに合わせる靴とバッグ

つい黒のバッグに黒のパンプスを合わせてしまいがちですが、全身黒づくめではお葬式っぽくなってしまいます。

華やかな入学式に黒のパンツスーツを着ていくならベージュやアイボリーの靴やバッグを合わせましょう。

 

おすすめの全身コーディネート

【コーデ案1】
インナー:ペールピンク+コサージュ:ピンクとベージュのミックス+靴:黒+バッグ:ベージュ

 

【コーデ案2】
インナー:アイボリー+コサージュ:黄色系生花+靴:アイボリー+バッグ:アイボリー

 

【コーデ案3】
インナー:ブルー+コサージュ:パープルやシルバー+靴:ベージュ+バッグ:ベージュ

 

POINT両方を白っぽいものにするのは抵抗がある場合は、どちらかを黒にしてもGOODです。

 

 

また入学式に合うきちんとしたバッグや靴って買うと結構するけど、普段は使わないならそれだけで買うのはもったいないですよね。

そんなママにはレンタルがおすすめ!

なかなか手が出ないブランドバックも格安で賢くレンタルできちゃいます。

>>>シャネル、ヴィトン、エルメスをレンタル!ブランドレンタルは[Cariru]

 

靴とバッグはできるだけ色目を合わせて買うとしっくりとまとまります。また色は真っ白よりもベージュ・クリーム・アイボリーなどの方が柔らかでエレガントな雰囲気になりますよ!

 

入学式では髪型にも注意しよう

髪型はパンツスーツに限ったことではありませんが、とにかく清楚で適度にオシャレを意識したスタイルにすることが大切です。

 

特にロングヘアの場合は、フルダウンだと重たくて野暮ったい感じがしてしまうので、このようなスタイルできちんとまとめてスッキリ感を出すように心がけましょう。

●バレッタなどを使ってハーフアップにする
●サイドを三つ編みして後ろでおだんごにしてまとめる
●夜会巻っぽくフルアップにする
●くるりんぱを使ってひとつ結びにする

 

結婚式ではなく入学式なので、ふわふわカールや、ボリュームたっぷりのアップなどは不向き。清楚で控えめなお母さんヘアがおすすめです。

 

まとめ

入学式が近くなると、自分の服装は本当にこれでいいのかな?と不安になることもあるでしょう。

 

確かに地域や学校によってお母さん達の一般的な服装は違いますが、あくまでも入学式での主役は子供!

みんな自分の子どもに夢中なので、あまりに場違いで周りから浮いた服装でなければ、お母さん達の服装は周りの保護者の印象に残ることはありません。

 

ですから黒のパンツスーツでも華やかさと清楚さを取り入れれば大丈夫なので、小物や髪型など全身にまで気を配って素敵なオシャレママスタイルで出席しましょう。

 

スポンサードリンク

 - 子育て ,

  関連記事