のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

Tシャツについたマジックの落とし方!アルコールで消えない時は?

      2017/02/13

子供って予期せぬ場所に予期せぬ汚れをつけてきますが、我が家の娘もTシャツにマジックをつけて帰ってきました。

そのままポイでも良かったけど何せお気に入りのTシャツなだけに、なくなるともっと面倒なことになるはず。

そこで家にあるものを使ってマジック落しに挑戦してみました!

 

スポンサードリンク

Tシャツについたマジックの落とし方

まずこれがマジックのついたTシャツ(~_~;)

マジックのついたTシャツ

しっかりと紺色のマジックで【一】が描かれています(笑)

 

マジックを落とす際に用意するもの

でもそれほど濃くはついていないので、まずはこちらを用意して作業にかかります。

●いらないタオル2枚
●新聞紙
●消毒用アルコール(エタノールでも可)

ここでのポイントはエタノールを使って落とすということです。

 

ちなみに我が家にはジェルネイルをする時に使用する消毒用アルコールと除菌対策で買っておいた手ピカジェルがありましたが、いずれもエタノールが入っているのでどちらを使ってもOK!

 

ただ手ピカジェル(消毒用アルコールジェル)は他にも色んな物が入っていたので、とりあえずこちらの消毒用アルコールを使ってみることにしました。

 

POINTプロピレングリコール類を含む除光液を使っても良いです。

 

Tシャツのマジックを落とす手順

では早速マジックを落としていきます!

 

①Tシャツは裏返して用意した新聞紙といらないタオルを内側に入れる。

 

②もう1枚のタオルに消毒用アルコールを染み込ませ、まずは色落ちがしないかをシャツの端で確認。

 

③OKならば下のタオルにマジックの汚れを移す感じでポンポンと叩きます。

 

④一度で結構色がタオルに移りました。

 

⑤下のタオルを汚れていないところに移動させながら何度か繰り返して汚れを移していきます。6回やってみたらこんなに下のタオルに色が移りました。


スポンサードリンク

マジックがアルコールで消えない時は?

消毒用アルコールで叩いた結果、だいぶ薄くはなったけどTシャツの色が黄色なだけにまだうっすらと青いマジックが残っています。(泣)

 

油性の汚れは油性で落とすのがクリーニングの基本と聞いたので、次はクレンジングオイルを使って残った汚れを落としてみることに。

 

ちなみに…

クレンジングオイルには界面活性剤のみが入っていて、それが油汚れを落としてくれる効果があるんだそうで衣類のシミ抜き剤としては最適なんだそうです。

 

あとはこちらを用意して作業開始!

●古くなったハブラシ
●クレンジングオイルを出すアルミホイル

 

落ちないマジックはクレンジングオイルで落とす!

では早速クレンジングオイルを使って残ったマジック落しに挑戦です!

 

①先ほどと同じようにシャツは裏返してマジックのついた部分を汚れていない面に置きます。

 

②クレンジングオイルをなじませた歯ブラシでポンポン叩きます。

 

…さっきはほとんど落ちなくなったのに、まだマジックの色が移りました。

 

③同じように3回繰り返しました。

 

すると…まだ濡れていてちょっとわかりづらいですが、ほとんど青いマジックは見えなくなりました!

 

 

あとはいつもの洗剤で軽く洗って終了です。

 

そして乾かしたTシャツがこちら!

すっかりキレイになりました♪あ~ヨカッタ

 

まとめ

今回管理人は初めてのマジック落しに挑戦してみましたが、意外と簡単に汚れを落とすことができました!

実際にやってみたポイントとしては

①なるべく生地を傷めないためにまずは消毒用アルコールから試してみたが、始めからクレンジングオイルを使う方法もあるので何度も面倒だという人はクレンジングオイルから試してみるのもあり。

②せっかくのお気に入りのシャツがマジックを落とす前に台無しになってしまわないように、まずは色落ちしないかをきちんと試すこと。

③汚れは擦ると広がるし生地を傷めるのでたたき出す!

 

ちなみに管理人は汚れ落としと言うとまず漂白剤を思い浮かべちゃうんですが、マジックにはNO!

あとはポケットに入れたペンのインクが漏れてしまったなどもっとガッツリとマジックがついてしまった場合や、綿以外の素材(絹や麻など)などは完璧には落ちなかったり、かえって酷くなってしまうこともあるのだそうです。

頑張った結果が残念なことになると悲しいので大切なものや高価なものちょっとお金はかかるけど、失敗のないようにクリーニング店で相談して染み抜きをしてもらった方が安心ですね。

 

スポンサードリンク

 - 暮らし ,

  関連記事