のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

お弁当の可愛い詰め方!遠足におすすめの盛り付け方のコツ5つ

   

子供の遠足のお弁当のおかずとおにぎりが完成したあとに残されるのは盛りつけ。

せっかく可愛いおかずができたならフタを開けた時に思わず「わ~♪」となっちゃうようなお弁当箱にしたいけど、お昼まで崩れないようにキレイに詰めるのってなかなか難しいんですよね。

 

そこでこちらでは実際に管理人が試行錯誤を繰り返して発見した子供がリュックに入れて持っていく遠足のお弁当の上手な盛り付け方についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

お弁当の可愛い詰め方!美味しさもアップする5つの方法

お弁当のおかずやおにぎりをキレイに詰めようと思ってインスタやレシピサイトを参考にするママも多いですよね。

確かに器用なママ達がとってもキレイに詰めたお弁当の画像を見るとステキだけど「これってちゃんとフタ閉まる?」って思うことありませんか?

私はあります(笑)

 

ギュッとフタをしたら海苔のパーツが蓋にくっついたり潰れたりしするし、軽く詰めたら歩いている時の振動などでパーツがバラバラになってせっかくの可愛いおかずやおにぎりが台無しになってしまうことも。

 

そこで私が子供の遠足のお弁当をかわいく美味しく盛り付ける5つのポイントとコツをご紹介します。

 

①キレイに仕切って並べるべし!

コツ:シリコン製の仕切りを使う

 

やっぱりお弁当の中って仕切りがないときれいに並べることはできません。

レタスなどでもいいけど生野菜の葉物は傷みが早いのであまり遠足向きではないし、特に子供の場合はリュックなどに入れて揺らすと弁当箱の中でおかずが寄ったりバラバラになってしまいますからね。

 

POINT特にシリコン製の仕切りはアルミカップと違って切れないし、ある程度形を変えられるのでとっても便利なんです。

 

②お弁当箱の向きでより可愛く見せる!

コツ:お弁当箱は横じゃなく縦向きにする

 

せっかくかわいくおかずやおにぎりを作っても全部正面を向いていたり、ただ横並びに入れるとなんとなくつまらない感じに見えちゃうということがわかりました。

そこでお弁当箱を横ではなく、縦にしたら動き?が出てかわいく盛るつけられることを発見したんです!

 

【横置きで作った普通のお弁当】
①まるこちゃん&たまちゃん弁当

 

②くまちゃん弁当

 

 

【縦置きで盛り付けた可愛さがアップしたお弁当】

③パンダちゃん弁当

 

④くまのカップル弁当

 

ね?

縦置きの方が何となく楽しくて美味しそうに見えませんか??

これホントにおすすめです(*^-^*)

 

③色んな方向に向けて盛り付ける!

コツ:おかずなどの向きを一定方向にしない

 

おかずやおにぎりはピッタリ横一列など、きれいに並べない方がかわいく見えます。

●正面を向けて揃えるのではなく色んな方向に並べる
●ピックの持ち手のキャラなどは右向き、左向きなど互い違いすると立体感ができる
●入れ方は基本的に斜めにする

 

これは個人的な感想ですが、きれいに並べない方が遊び心が出て何となく楽しそうなお弁当に見えるんです。

先程のお弁当で言うと③パンダちゃん弁当とか、④くまのカップル弁当の方なのでもう一度よく見比べてみてくださいね。

 

④お弁当には隙間を作らない!

コツ:並べ方と隙間おかずでギュッと詰める

 

基本的に遠足のお弁当は揺れたり振られたりするのでフタを開けた時に、かわいいキャラクター達がバラバラ事件にならないようにする必要があります。

また余分な隙間があるとキレイさや可愛さが減ってしまうのでぴっちりと隙間ができないように盛り付けをするんです。

 

POINTイメージ的にはレシピサイトなどで見るお弁当。あれってどれを見てもすっごく美味しそうでかわいく見えるのは上手にピシっと詰め込めまれているからというのもあるんです。

 

⑤色合いを良くして見た目も食欲もアップ!

コツ:赤緑黄色をとり入れる

 

いくらかわいいおかずを作っても全体的な色合いが悪いと可愛く見えません。

子供が好きだからと言ってからあげ・ハンバーグ・肉団子・ウインナーなどの見た目が茶色のものばかりだと”どよーん”として食欲が半減しちゃいます。

 

これもよく出来ているけど、赤緑黄色のおかずがないのでちょっと残念。少しずつでも入れたらさらに可愛くなるんです。

 

こちらは色どりも良いので可愛くてより美味しそうに見えますね!

赤:ミニトマト・カニカマ・パプリカなど
緑:ブロッコリー・ほうれん草・枝豆など
黄:卵焼き・ポテト・チーズ類など

 

おかずでうまく色が組み合わせできなかったらフルーツで調整するのもあり! 赤ならりんご・さくらんぼ、緑ならメロン・キウイ、黄色ならみかん・バナナなどがおすすめです。


スポンサードリンク

お弁当を可愛く盛りつける入れ方の順番

きれいにかわいく盛りつけたいなら入れる順番も大事です。

では先日の遠足のお弁当を例にとって入れる順番をご説明しましょう!

 

①おにぎり

②主食(からあげ)

③副菜(ねずみウインナー&卵焼き)

④野菜(ブロッコリーブーケ)

⑤果物(オレンジ)

 

基本的には大きなものから入れていき、小さなもので隙間を埋めていくという感じです。

 

ここで隙間を上手に作るのに便利なのが先程ご紹介したシリコンカップ

形を変えてちょっと寄せれば簡単に隙間も作れるし、弾力があるので隙間に入れたおかずをピタッと抑えてくれるのでとっても便利ですよ!

 

またもう1つ便利なのがお弁当用のピックです。

 

これを使うとかわいくなるだけじゃなく、隙間にも並べやすくなるのでまさに一石二鳥です。

どちらも100均でも手に入るので是非お子さんに気に入ったピックやカップでよりかわいらしくお弁当を盛りつけましょう!

 

注意お弁当用ピックは年少以下の子どもの場合は誤飲などの心配があるので使用する際は十分注意しましょう。

 

まとめ

お弁当っておかずやおにぎりを作るのも大変だけど、可愛くぴっしりと詰めるのも結構大変です。

 

でもせっかく作るならフタを開けた時に子供が思わず笑顔になっちゃうようなお弁当にしてあげられたら親としても嬉しい限りですからね。

朝から大変かもしれないけどちょっとしたコツやワザを使ってパーフェクトなお弁当を持たせてあげましょう!

 

スポンサードリンク

 - 子育て , ,

  関連記事