のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

富士総合火力演習の日程や応募方法と予行チケットとは?

      2016/06/01

 

富士総合火力演習、通称:総火演(そうかえん)は、 毎年静岡県御殿場市の東富士演習場で実施されている陸上自衛隊が行う演習の一つです。

チケットは応募後抽選で当たれば誰でも観覧できますが、その倍率はなんと数十倍!

そこでこちらでは戦車やヘリコプター、また様々な火砲 などによる実弾射撃を間近に見る事ができ迫力も満点の、総合火力演習を観覧するための方法をご紹介します。

 

スポンサードリンク

富士総合火力演習の2015年の日程は?

富士総合火力演習(総火演:そうかえん)は、 陸上自衛隊の教育機関である富士学校が生徒の教育のために始まった演習です。

それを国民の自衛隊への理解を深めるために1966年から一般公開が行われており

例年8月の最終週の日曜日に実施しています。

2015年の日程 8月23日(日)10:00~12:00
◆実施場所 静岡県御殿場市東富士演習場(畑岡地区)

また、この総火演を見るためには入場券が必要 となりますが、こちらは抽選により入手する ことができます。

>>>2016年の日程や応募方法はこちらでご紹介!

総合火力演習に行くには応募することが必須

入場券を手に入れるには、まず陸上自衛隊に応募をしなくてななりません。

 

応募の方法

往復はがきかインターネットで応募できます。
応募期間は2015年6月1日(月)~7月1日(水)必着です。

ちなみに応募は1人1件のみとなっていて両方で応募した場合は無効となってしまいますが、同一住所などの家族が応募した場合は有効ですので、両方で応募する場合は注意が必要です。

また当選した場合は、7月下旬~8月上旬頃にはがきが送られてきます1枚のハガキで最大4名までの入場が可能です。

 

総合火力演習のチケットの種類

チケットには種類があるので応募をする際にどれかを選ばないといけません。

<青少年券>グループ内に1人でも29歳以下の人を含む場合
<一般券> グループ全員が30歳以上の場合

またチケットをどちらにするか選んだら、会場までマイカーで行きたい場合は「駐車場券希望」と記載します。

つまりチケットは大きく分けてこちらの4種類になります。

* 青年券・駐車場付き
* 青年券・駐車券なし
* 一般券・駐車場付き
* 一般券・駐車場なし

 

総合火力演習のチケットの倍率は?

なかなか当選しないと言われている総火演のチケットですが、どれくらいの倍率かというと平成26年度は

駐車場なしで数倍から10数倍
駐車券付きで数10倍

と言われており平均競争倍率は約24倍でした。

 

ちなみに青年券は一般券より当選しやすくなっているので、29歳以下が1人でもいれば青年券で申し込むのがおすすめ。
ただし当日29歳以下の人がいないとチケットは無効となり入場できませんので注意が必要です。

また駐車券付きチケットは一番の高倍率チケットとなっているので特別な事情がなければ駐車場券なしでの応募がおすすめです。

つまり一番当選しやすいのは

「青年券・駐車場なし」

のチケットですので、ぜひ29歳以下の方と行く場合はこちらで応募してみましょう。

 

総合火力演習のチケットの値段は?

総合火力演習は当選したはがきがあれば観覧できますので チケットは無料、つまり値段は0円です。
ちなみに陸上自衛隊のホームページには

富士総合火力演習の当選はがき・入場券は全て非売品です。営利目的では使用できません。

という注意書きが明記がされていますので、入手方法は十分に注意しましょう。

 

スポンサードリンク

総合火力演習が見れる予行チケットとは?

では応募してもチケットが当たらなかったけど、どうしても見たい場合はどうしたらいいのでしょう。

その場合は主に第一学校や第二学校の学生や隊員の家族向けの「予行チケット」を手に入れるという方法がありますが、残念ながらこちらのチケットは一般向けには応募はされていません。

そこでこちらではそれ以外で予行チケットを手に入れる方法をいくつご紹介します。

 

1 自衛隊協力会や地本関連団体

こちらの団体などには毎年チケットが配布されていますので、協力会の方や関連団体の方に是非にとお願いしてみるのもひとつの方法です。

 

2.自衛隊員

希望する隊員の家族などにも配られることもあるので、知人や友人に自衛隊員がいれば聞いてみるのもいいでしょう。
ただしかなりギリギリにならないと手に入らないこともあるので、数日前まで行けるかどうかわからないと思っていた方が無難です。

 

3.地元優待券

例年地元小山町では町民の方を対象にした予行の観覧ができる「地元優待券」が枚数限定(昨年は1人2枚まで)で配布されているので、そちらに知り合いがいればお願いしてみるという方法もあります。

 

予行は主に自衛隊の学生に見せることを目的としていますが、内容は日曜日に行われる本番とほとんど変わりはありませんし比較的混雑も少なめです。

予行についてはこちらの総合火力演習の予行の日程 夜間演習やチケット入手など本番との違いは何?でもご紹介していますのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

その迫力に一度見るとまた見たい!という人も少なくない富士総合火力演習。

特にここ数年の人気はうなぎ登りで本番のチケットの倍率も年々増加しプラチナチケットとも言われています。

興味を持った方は是非陸上自衛隊のホームページで詳しくチェックしてみてくださいね☆

<画像 陸上自衛隊HPより引用>

スポンサードリンク

 - レジャー

  関連記事