のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

食事制限しても体重が減らない!その原因と痩せない理由とは

      2016/05/24

太るのは代謝が落ちたとか食べ過ぎとよく聞くのでまずは食べる量を減らしてみたけど一向に体重は減らない。

まだ食べる量が多いのか?それとも食べているものが良くないのか…そんなダイエットに挑戦中の管理人の悩みを解消すべく痩せるための食事についてを独自に調査!

今回はその第一弾として食事を減らしても体重が落ちない原因や痩せるための対策をまとめてみました。

 

スポンサードリンク

食事を減らしても体重が減らないのはなぜ?

年々微増する体重をなんとかしたい!

そこでまずは食事を減らしているのに体重が落ちないのはなぜかを調べてみることに。

正直色々な意見があるので混乱したところもありましたが、色々調べるうちに食事で痩せないのはこれかな?という理由が見えてきました。

 

摂取カロリーが多い

摂取カロリー<消費カロリーを維持すれば太りません。

だからとにかく食べる量だけを減らしてみたんですが気にするのは量と言うよりもカロリーなんです。

 

例えばダイエットする時に食べる人も多い野菜サラダもたっぷりのマヨネーズとドレッシングでは逆効果だし、なんとなく体に良さそうなイメージのグラノーラも実はカロリーが多いのでダイエットには向かないんです。

だから量を減らすだけじゃなく、低カロリーなものを食べないといけないんですね。

 

体が飢餓状態と勘違いしている

食べる量が少ないと体が飢餓状態になり「今度はいつ栄養が摂れるかわからない」と思ってその栄養を脂肪としてためこもうとします。

また少ない食事量で体を維持することに慣れて体がECOモード(省エネ)を覚えてしまうと代謝が悪くなってリバウンドしやすくなってしまうんです。
つまりいくら食べる量を減らしても体はそれに対応して自分を守ろうとするから食事を減らしただけじゃ脂肪の燃焼効率を下げ痩せにくい体にさせてしまうだけなんですね。

 

食べている内容が良くない

痩せるためには食べるもの=摂取する栄養素を気にすることが大事

例えばダイエット中には食べないという人も多い肉。

でも赤肉に含まれるL-カルニチンという成分には代謝を上げて脂肪を燃やす効果があるし、ささみは低脂肪高たんぱくなのでダイエットには最適です。

またダイエットと言えば野菜ですが、イモ類やニンジンなどのは少量であれば良いですが糖質を多く含むので食べ過ぎは禁物です。

 

あとは手軽なローカロリーやゼロカロリーフードは低カロリーにするために栄養分を削っていたり、熱量自体が少なく体が十分に熱を作ることができないため冷えの原因になってしまうことも。

すると代謝が低下して痩せにくい体になってしまうという危険性があるんですね。

POINT食事でダイエットするには栄養素にも注意!タンパク質やミネラルは必須栄養素です。

 

間食をしている

ダイエット中のおやつや間食は厳禁!

特に糖分と炭水化物の多いスナック菓子などを食べると栄養不足となって脳が「もっと食べなきゃ」と勘違いをしてしまいます。

また生クリームやバターなどの脂肪分が多い洋菓子は消化にも悪いので代謝の低下に繋がります。

 

飲み物のカロリーが多い

ダイエット中は食べ物だけに気を取られがちだけど飲み物にも注意が必要です。
微糖や甘さ控えめと書いてあるコーヒーなども実はかなりの糖分とカロリーだし、炭酸ジュースなんかは炭酸がぬけちゃったら甘くて飲めないほどですからね。

ジュース類に含まれる糖分って想像以上に多いから基本的に飲んでいいのは水やお茶、ブラックコーヒーなどのカロリーのないものだけなのです。

 

食事で痩せない原因は他にもありますが、大事なのは体に入れる量じゃなく何を摂り入れるのかなのです。

 

体重が減らない原因を知って現状を改善!

食べる量を減らしても体重が減らないのにはそれなりの原因があったんですね~。

そこでまずは現状の把握、そしてそれを踏まえた対策を考えてみました。

 

1:摂取カロリーを減らす

<現状>
グラノーラは50gで200kcal前後のものが多いんですが、50gというと大体これくらい。意外と少ないんですよね~。

ちなみに管理人が買ったものは50gで211kcalで、約100gは食べていたのでそれだけで422kcalということに!!(゚∀゚ノ)

これなら食パン(8枚切1枚:約130kcal)を食べてた時の方がまだマシだったってことになります。

 

<対策>
そこで朝は一時流行した脂肪燃焼スープ+大豆+酢しょうがのアレンジスープに、食パンは8枚切の約半分(約130kcal⇒65kcal)にすることに。

注)脂肪燃焼スープはアレンジしているのではっきりはわかりませんが、基本のスープ:約55kcal+大豆約20g:36kcal=1杯約91kcalとなります。

>>>ダイエットに最適!野菜スープはこちら

 

2:体に痩せるんだと思わせる

<現状>
確かに水分で空腹をごまかすためにあれこれ飲み物を飲むので昼食はとらなかったり、置き替えダイエット食品だけで済ませてしまうこともしばしば…。

体は危険を察知しているのかも?!

 

<対策>
そこで昼ご飯をしっかり食べることに。

出かけている時はサンドイッチ(約250kcal)などが多いけど、家にいる時はもうちょっと頑張って作ることに。

●朝のスープにご飯を入れて煮たスープリゾット(スープ:約90kcal+ご飯50g:84kcal=約174kcal
●即席チゲスープに豆腐を入れて豆腐チゲスープ(スープ:35kcal+豆腐:64kcal=99kcal

 

ダイエットフードで済ませたり中途半端に減らしたりするよりも腹持ちが良くなるので間食してしまう危険性もグッと減ります。

 

3:食べる内容を変える

<現状>
もともとお肉はあまり食べていなかったんですが食べる時は子供に合わせてから揚げや照り焼き、さらにはポテトサラダ、ガレットなどのじゃがいも料理などこってりしたものが多い…(=_=)

しかも子供と一緒のものを食べないと「何で食べないの?」「何でも食べないと大きくなれないんだよ」とか言われるし、子供をダイエットメニューには付き合わせられないのでメニュー作りが難しい。

 

<対策>
そこでまずは味噌汁や生野菜から食べ始め、次に魚や卵などのタンパク質をとることに。

そうすると血糖値の急激な上昇を避けて脂肪をつきにくくするんです。

 

さらに子供も一緒に食べられるメニューを作り味付けだけをそれぞれ用にアレンジすることに。(例えば豆腐ハンバーグなら子供にはケチャップ、自分はポン酢+大根おろしなど)

 

4:間食をやめる

<現状>
甘いものはダメだと思いながらもなかなかその誘惑に勝てない管理人。

でもここはもう我慢するしかありません!^^;

 

<対策>
でも我慢しすぎも体に悪いのでどうしても食べたい時はできるだけ和菓子をチョイスして遅くても3時までに食べることに。(グッとガマンで1つだけ!)

あとは一応お腹が空いた時のためにおしゃぶり昆布を用意。やっぱり甘いかな~(*´Д`)

 

5:飲み物を変える

<現状>
炭酸やジュースはほとんど飲まないけど、自宅で作る無糖のカフェオレ、はちみつジンジャーティー、甘酒がマイブーム。

●カフェオレは牛乳を使用:約67kcal×2杯
●黒糖はちみつジンジャーティー:約40kcal
●市販の甘酒:約89kcal
合計すると約248kcal!!

っていうか飲み物でそんなにカロリーとってたんだってことにビックリ(゚д゚)!

 

<対策>
全部やめたらいいんだろうけど正直食べ物を我慢しているからそこまではムリなのでカロリーオフに挑戦することに。

●無糖のカフェオレは牛乳を豆乳に変更(1杯分:67cal⇒34kcal
●黒糖はちみつジンジャーティーの元は黒糖を半分に(1杯分:約40kcal⇒約28kcal
●市販の甘酒をやめて自分で麹から甘酒の元を作る(1杯分:89kcal⇒約20kcal

これだけなら約82kcalにおさえることができます。

 

しかも2杯は飲むのが当たり前だったカフェオレは1日1杯に減らし、あとはルピシアのお気に入りのフレーバーティーでしのぐことにしたのでトータルでマイナス約166kcal。

たかがドリンク、されどドリンク…恐るべしです。

 

スポンサードリンク

食事制限で痩せない理由を知ろう

痩せるためには適度な運動で代謝もアップするべきなのはわかるけど、そんなことをしなくても食事制限をきっちりすれば1-2キロは簡単に落ちるという意見がほとんど。

 

だから食事を減らしても痩せないのはやっぱり何か根本的に間違っているか出来ていないということなんです。

特に管理人の心にグサッと刺さったのはこの3点^^;

 

1.カロリーを認識していない

ただ減らすだけじゃダメ。

まずは今食べているもののカロリーを調べて、どれくらい摂取しているかを知ることも大事。

空腹をごまかしていた飲み物があれほどカロリーがあったとはびっくりでしたからね。

ちなみに40代女性デスクワークの管理人なら1日の摂取カロリーの目安は約1,200kcalみたいです。

 

2.痩せたいならしっかり食べる

朝昼晩ご飯を単に減らしても痩せない、痩せるためには栄養バランスを考えてしっかり食べるということ。

人間の体は朝は排泄、昼は燃焼、夜は蓄積というサイクルになっているので昼に炭水化物や脂質、夜はタンパク質を中心とした食事にした方が痩せやすい体が作れるのだそう。

あとは夕食は寝る3時間前までに済ませてそれ以降は何も食べないようにするなど時間も気にすることも必要です。

>>>ダイエットに効果的な食べ物についてはこちら

 

3.強い意志と目標を持つ

痩せたいけどやっぱり好きなもの(パン・お菓子・カフェオレ等)がやめられない…。

でも本当にダイエットしたいなら痩せるんだという強い意思を持って甘いもの断ちをしなくてはダメなんです。

そして何となく痩せたいんじゃなく、それを達成するにはいつまでに何キロとかいつまでにこのスカートを履くなどの具体的な目標を持った方が心が折れにくくなります。

 

食事制限だけじゃ体重は減らない?まとめ

もちろんまったく食べなければ体重が落ちることは落ちますが、それじゃあまりにも不健康だしリバウンドしやすくなってしまうだけ。

まず食事で体重を落としたいなら飲食の内容や時間など現状を把握することから始めてみましょう。

意外と驚きの結果かもしれませんよ。

スポンサードリンク

 - 美容・健康

  関連記事