のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

花粉症の鼻づまりに効く市販薬と解消グッズ!スプレーは良くないってホント?

      2016/10/17

花粉症で鼻づまりが酷いけど、病院に行く暇はない。そんな時に便利なのは通販や薬局・ドラックストアでしょう。

でも実際に見てみると色んな薬があって、どれが効果的でどれを買ったらいいのか迷ってしまいますよね。

そこでおすすめの市販の飲み薬や鼻づまりを解消するグッズ、また市販のものは良くないと聞くスプレータイプの点鼻薬について薬局の薬剤師さんに聞いてみました!

 

スポンサードリンク

花粉症の鼻づまりに効果的な市販薬

鼻づまりや鼻水などの鼻の症状に効く飲み薬って本当にたくさん!

どれがいいかわからないので、早速どれが鼻づまりに効果的なのかを薬剤師さんに聞いてみました。

 

ズバリ!一番のおすすめは、アレジオン20かアレグラFX。

これは一日1回飲めば効果が持続するタイプで、眠くなりにくいのが特徴です。

 

確かに仕事をしていると朝や昼って飲み忘れちゃうことってよくあるから、夜だけ飲めばいいのは助かるし、眠くなりにくい成分(エピナスチン塩酸塩)で作られているなら仕事中も安心ですね。

注意ただし個人差もありますし、運転操作は控えるよう注意書きがあります。

 

あとは気になったのは近くに並んでいるパブロンの鼻炎用カプセルや、コンタックなどの鼻炎薬との差は何なのか?

これは鼻炎薬としては大きな差はなく、眠くなったり喉が渇くなどの副作用(症状)がアレジオンなどに比べると出やすいとのこと。

だから副作用が少ないアレジオンやアレグラなどがおすすめなんだそうです。

あまりに症状が酷くなると効果を感じにくくなってしまうので、鼻がムズムズしてきたら飲むとか、他の対策も併用するとさらに効果的です。

 

鼻づまりを解消するグッズ

他にもこんな花粉症の鼻水や鼻づまり対策グッズがありますが、より効果的で自分に合うものを試してみたいですよね。

そこで店員さんに聞いたグッズの効果と、それを参考に独断で管理人が決めたおすすめ度も併せてご紹介します。

 

花粉ブロックスプレー【おすすめ度:★★☆☆☆】

顔全体にスプレーするとイオンの力で花粉を反発・吸着し、吸入を抑える効果があります。

 

 

POINTメイクをしていてもスプレーできるところが嬉しいけど、単体の使用ではなくマスクなどと併用するのがおすすめ。

 

鼻腔クリーム【おすすめ度:★★★☆☆】

鼻の穴の中に塗って、花粉の吸入を防止するクリーム。鼻づまりにはスーッと清涼感のあるクールタイプがおすすめ。

 

 

POINT鼻の中に塗るので、目立たないしマスクができない時などはとっても便利!眠くならないのも安心。

 

鼻洗浄液【おすすめ度:★★★★☆】

鼻の中に付着した菌や花粉を、独自のノズルで噴射して鼻をしっかり洗浄するので即効性があります。もちろん普通の鼻うがいでも効果ありです。

 

 

POINTこれは使いやすいオリジナルボトルで、鼻うがいは苦手という管理人のような人にもお勧めのタイプです。

 

点鼻薬(点鼻スプレー)【おすすめ度:★★★★★】

アレルギー症状を引き起こす物質を抑え、鼻水・鼻づまりなどの症状を緩和します。

POINTやっぱり即効性を求めるならこれでしょう。使いやすくて手軽にいつでもできるところが良いですね。

この中での一番のおすすめは点鼻薬スプレー!

ちなみに薬剤師さんに聞いたところそれ以外は「個人差ですが、やらないよりはやった方がいいくらいかもしれないですね~。」とのこと^^;
でもどれが合うかはわかりませんから、ますは試してみるといいですよ。


スポンサードリンク

花粉症の鼻づまり対策でスプレーを使う時の注意点

花粉症の鼻づまりには、点鼻薬(スプレー)が即効性もあって効果的ですが、用法用量をよく読んで使うことが大事です。

ちなみに管理人が持っている点鼻薬はこちら。

どちらもナファゾリンという血管収縮剤入りの点鼻薬のため、1回に1-2度づつ、1日6回を限度とし、3時間以上の間隔を置くことと書いてあります。

 

確かに鼻が詰まって苦しくなった時に使うと一時的に鼻の通りが良くなってスッキリするので、また鼻が詰まると使いたくなってしまいますが、使いすぎると鼻の粘膜が腫れて厚くなり、逆に鼻づまりの症状が強くなる「薬剤性鼻炎」なってしまう可能性もあります。

もしそうなってしまうと重宝していた鼻炎薬スプレーの量も徐々に減らさなくてはならないし、あまりにも重症な場合は、粘膜そのものを切除するなどの手術が必要となることもあるんです!
そう、せっかく病院に行かずに市販の薬で乗り切ろうと思ったのに、結局は病院のお世話になってしまっては本末転倒ですからね。

 

副作用の少ない花粉用点鼻薬を選ぶ

点鼻薬にもいくつか種類があるので、血管収縮剤の鼻炎スプレーではなく病院などでも処方されるステロイドの鼻炎用スプレーを選ぶのもおすすめ。

 

 

ステロイドの点鼻薬は効果も高く、血管収縮剤タイプのスプレーと比べると副作用が少ないのが特徴です。

確かに管理人も両方使用していますが、病院でもらった点鼻薬は少しツーンとくるくらいですが、市販のナファゾリンなどの血管収縮剤の点鼻薬はジーンとしてかなり強い刺激を感じたので、ステロイドの点鼻薬の方が使いやすいかなという感じです。
POINT鼻炎用スプレーは市販の鼻づまり対策グッズとして一番効果的なアイテムですから、用法容量を守って正しく使いましょう!

鼻づまりがあまりに酷い場合は薬とグッズの併用がおすすめ。
また花粉症特有の鼻が詰まっているのに、鼻水だけがタラーンと垂れてしまう時は鼻栓してマスクが最強です!(笑)

 

まとめ

こちらでご紹介した鼻づまりを解消する薬やグッズは、ドラッグストアや通販などで簡単に手に入りますが、効果は個人差があります。

また体に疾患がある、現在治療している病気がある、花粉症かどうかはっきりわからないという方はまず一度病院で診断するのがおすすめです。

でも、私は花粉症だ!病院は暇もないし、初診料やらなんやらでお金もかかるから行きたくない!という管理人のような方は是非こちらも参考にしながら鼻づまり解消グッズを買って、あの苦しさから少しでも早く解放されましょう!

 

スポンサードリンク

 - 美容・健康

  関連記事