のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

イトーヨーカドーのランドセルのブランドや割引!女の子が見た反応は【体験談】

      2017/02/13

ランドセル選びは夏までが勝負!いつからこんなに早くなったんでしょうか。

確かにママ友もランドセルの話題が多くなってきたので、我が家もそろそろ実際に見てみようということでまずはイトーヨーカドーに行ってみました!

こちらではランドセルの取り扱いブランドや、気になる割引、そして実際に見た娘の反応と親(私)の感想をまとめてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

イトーヨーカドーのランドセルの取り扱いブランドと特徴

ママ友から「ヨーカドーにたくさんあったよ~」と聞いていたのでワクワクしながらランドセル売り場へ。

ばあばを連れていたせいか?すぐに店員さんが来てくれて、まずおすすめされたのはこの2つのブランドでした。

 

1 天使のはね

DAIGOさんがCMをやっているセイバンのランドセルですね。

 

<店員さんに聞いた特徴>

何といっても天使のはねの機能が売り!

ちなみに天使のはねってどこのこと?と思っていたんですが、この肩のベルトの盛り上がった部分のこと。

ここに特殊な樹脂パネルが入っていて肩ベルトをグッと持ちあげることで重さを軽減する機能なんだそうです。

私はてっきりこの背中の部分が膨らんでいるのが天使のはねの機能だと思ってたんですが、これは背筋ピンの機能だそうです。

 

<その他の特徴>

●ほとんどがA4フラットファイル対応
●傷や汚れにも強いクラリーノを使用している
●色んなシリーズがあって色・刺繍・お花やハートなどのモチーフのフックや飾りが豊富

 

<気になった点>

◆娘の希望の真っ赤がない
最近は真っ赤よりも少しピンクがかったものが主流だそうです。唯一真っ赤に近かったのは「ラブピ キラキラレース」のカーマインレッドだけど、これには背筋ピン機能がない。

◆飾りが多すぎ?
中学生の姪っ子いわく、高学年になるとかわいい刺繍とかいっぱいついているのはキビシイらしい。(個人差あり)

 

2 Fine Fit

イトーヨーカドーと「天使のはね」のセイバンがコラボしたオリジナルランドセルです。

 

<店員さんに聞いた特徴>

天使のはねシリーズと同様の機能付きで背負いやすい!

あとサイズはA4フラットファイル対応の26.0~26.5cm幅と、A4クリアファイルまで対応の25cm幅がある。

 

<その他の特徴>

●女の子は12種類のシリーズがあって、プライベートレーベルのシリーズはとても人気がある。
●ルミナスシリーズなどは光沢感と全面にデザインがあり個性的でラブリーな感じが女の子におすすめ。

 

<気になった点>

◆光沢感のあるものが多い
テカってる素材は良くも悪くもかなり目立つのでは?

◆商品の売りがわからない
天使のはね機能がついているのでセイバンのものとどこが違うのかイマイチわからないので、ならば本家のセイバンの方がいいんじゃないか?

 

あとはKYOWA製の「ふわりぃ」などのランドセルなどもちょっとありましたが、店員さんはこの2つのブランドの説明に力が入ります^^;

 

さて当の娘はそんなことは全然お構いなしで気になる色を次々と背負っていました^^;

【天使のはね】ラブピ ガーリー/ビビットピンク:¥62,640

【天使のはね】モデルロイヤル ベーシック/パステルパープル:¥59,400

【天使のはね】モデルロイヤル ロマンティック/ミルキーブラウン:¥63,720

【天使のはね】ラブピ アイドル/ロイヤルブルー×パステルパープル:¥62,640

【ヨーカドー限定】プライベートレーベル ノーブルリボン/パールピンク:¥70,200

ただし残念ながら「これ!」と言えるものはなかったようです。。。

ランドセルをイトーヨーカドーで買う場合の割引は?

保育園のママ友から「ハッピーデーで買うと1万円も安くなったよ!」と聞いていたので、実際に店員さんに割引特典について確認!

【特典1】9月4日までに予約をすると10%引き
【特典2】毎月8が付く日のハッピーデーに買うとさらに5%引き

この2つの特典は併用できるので両方を合わせれば15%引きになるので、6万円強のランドセルなら買えば約1万円のお得になるというわけです。

あとは店内に貼ってあったチラシには、ネット限定で9月4日までに予約をすればnanacoポイントが10倍と書いてありました。


スポンサードリンク

イトーヨーカドーのランドセルを実際に見た感想【女の子編】

百聞は一見に如かずと言いますが、実際にランドセルを見に行って背負ったりしてわかることもありました。

 

種類は思ったより少なかった

確かにズラリと色んな色のランドセルが並んでいましたが、よく見たらほとんどがシリーズや色違いなだけ。

ヨーカドーさんの推しブランドはこの2種類ということみたいです。

ちなみに「今後種類は増えますか?」と聞いてみたところ、「他のメーカーが増えると言うことはないかもしれませんが、色の種類はもう少し増えるかもしれないです。」とのこと。

POINT他のランドセルを見たいならヨーカドーさん以外に行くべし。

 

購入は8月までにすれば十分?

都会に住むママ友からはもう人気商品からバンバン売れていると聞いたが、実際に行ってみたら見に来ている人達は買うというより見に来ただけと言う感じ。

そのせいか店員さんの熱意もあまり感じない(…からまだイマイチ買う気になれない)。

POINT管理人の住む地域ではまだみんなゆっくり検討してるようなので焦る必要はなさそう。もうちょっとゆっくり検討してもいいかも。

 

A4フラットファイル対応の必要性は?

フラットファイル対応とそうでないものは1.5cmくらいしか差がないので見た目はほとんど変わりません。

小学校でどれだけA4フラットファイルが必要かもよくわからないけど、そこはで大きめの方を選んだ方がいいかなとは感じました。

が、小学生の姪っ子に確認してみたら「そんなのほとんど使わないよ~」とのこと。迷う…

POINTここはやっぱり「大は小を兼ねる」思考が無難かな…。

 

いいものには個人差アリ

ちなみに管理人の家から小学校までの距離は約500m。それを店員さんに言うと、「あら、それはいいですね!それじゃあ重さはあまり気にしなくてもいいかもしれませんね~」と言われました。

とにかく軽くて背負いやすいものを!と思ってたけど、娘はどれを背負っても「軽いよ」と言っているし、あまり違いがないなら娘が気に入ったものを買えばいいんじゃないかと言うことに気が付きました!

POINT家と学校の距離も考慮して考えると良い!(我が家なら気に入ったものが多少重くてもOKかな)

>>>ランドセル選びに役立つ基本の素材や選び方について

まとめ

ちなみに娘は現在115cm、20㎏で保育園でも大きい方。

このまま行けば小学校入学の頃には120cmは越えていると思うので、実際に背負ってみてランドセルの大きさや重さはあまり心配ないということもわかりました。

そして当の娘のこだわりは重さやデザインではなく色だけ!

「(ドラえもんの)しずかちゃんみたいな赤がいい!」

とのことなので、また他にランドセルを見に行かねばデス。

>>>工房系ランドセル【池田屋】に行ってみた!

 

スポンサードリンク

 - 子育て ,

  関連記事