のんびりスローな毎日を

日々の暮らしのちょっと気になることをあれこれまとめてみました

*

夫の父が亡くなった時の喪中はがき!名前の書き方や親戚はどこまで出せばいい?

      2017/12/01

今年の始めに夫の父が亡くなりました。

そこで喪中はがきを出そうと思ったんですが、いざ作ろうと思ったらまず文面や名前の書き方がわからない。

やっとできたと思ったら今度は夫の母も喪中はがきを出すであろう叔父や叔母、いとこにも私達夫婦からも出すべきかなどもわからない。

 

何事もそうだけど、わかっているようでわかっていないことって多いんですよね。

 

そこでこちらでは離れて暮らす旦那の父が亡くなった時の喪中はがきの作り方や、親戚はどこまで送ったらいいのかなど主人の親が亡くなった時の喪中はがきについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク

 夫の父が亡くなった時の喪中はがきの文例と書き方

まずこういった冠婚葬祭に関わるようなことっていうのは地域によって違うので、絶対って言う決まりがないんですよね。

そこでごく一般的な書き方の例をまとめてみました。

 

喪中はがきの基本のレイアウトと文例

まずは旦那の父親が亡くなった時の一般的な喪中ハガキの書き方がこちら。

レイアウトはこんな感じで良いのであとは①~④それぞれの場所にしっくりくる文を入れていきます。

 

①喪中のため年賀欠礼することの挨拶の文例

年賀欠礼の挨拶は一番右に大きめに!

 

・喪中のため年頭のご挨拶を失礼させていただきます
・喪中のため新年のご挨拶は失礼させていただきます
・喪中につき年末年始のご挨拶は失礼させていただきます
・喪中につき年末年始のご挨拶ご遠慮申し上げます
・喪中につき新年のご挨拶をご遠慮させていただきます

 

POINT「年頭・新年・年末年始」「失礼・遠慮」共に意味はほぼ同じなのでいずれかを選びます。

 

②誰がいつ亡くなったかなど本文の文例

いつ誰が亡くなったか、お世話になったお礼や変わらぬお付き合いを願う言葉を入れます。

 

本年七月に母○○○が八十九歳にて永眠いたしました
生前賜りましたご厚情に深く感謝申し上げますとともに
明年も変わらぬご交誼を賜りますよう謹んでお願い申し上げます

 

本年二月に父○○が八十八歳にて永眠いたしました
今年中賜りましたご厚情感謝致しますとともに
明年も変わらぬご指導とご交誼をお願い申し上げます

 

父 ○○が本年五月○日に七十五歳で永眠いたしました
生前のご厚情を深く感謝いたしますとともに
明年もご交誼のほど心よりお願い申し上げます

 

父○○ 去る十月○日に七十三歳にて永眠いたしました
本年中に賜りましたご厚情に感謝いたしますとともに
皆様に良い年が訪れますようお祈り申し上げます

 

注意句読点はつけないで書きます。

 

③喪中はがきを出す月

平成〇〇年○○月

 

縦書きなので二九年ではなく二十九年、十月、十一月、十二月と書きます。

 

④差出人の住所と名前

基本的には夫婦連名で。

 

ただし会社関係などに出す場合は自分だけの名前で良いです。

また喪中ハガキの場合は子供の名前は書かないのが一般的。あとはレイアウトと例文を参考にしながら名前や日にちを変えて作るだけです。

 

 

 

…が!

実際に作り出したらさらなる疑問がいくつか出てきたんです。

 

喪中はがきに載せる亡くなった父の名前や年齢の書き方

亡くなった父の名前の書き方

夫の父であれば 父 一郎 と書きます。

 

夫の父は義理の父になるんですがお嫁に行ったのであれば「義」や「苗字」を書く必要はありません。

 

ただ夫婦で別に喪中はがきを作るのであればちょっと話は変わります。

 

旦那と同じ姓になっても私(妻)からしたら義理の父になるので

義父 ○○

もしくは

夫の父 〇〇

という書き方になります。

 

POINT2パターンも印刷するのは手間なので特に別にする事情がなければ夫婦連名にして「父○○」としてしまった方が楽ですね。

 

喪中はがきに載せる年齢の書き方

満年齢で問題ありません。

 

享年とは亡くなった人の年齢のことで一般的に数え歳になるので実際の年齢プラス1歳した年齢になります。

以前は「享年○○歳」と書いている人が多かったんですが、最近いただいた喪中はがきを見ると享年という書き方は少なくなってきています。

 

もらった方としては大体いくつくらいの方だったのかがわかれば良いので、あまり深くは考えなくてもいいでしょう。

 

POINT亡くなった年齢は満年齢でも数え歳でもどちらでも良い。地域の風習があればそれに合わせ、特になければ一般的になりつつある満年齢でいいでしょう。

 

喪中はがきは薄墨印刷か?

特に薄墨印刷をする必要はありません。

 

これも厳格な決まりがある訳ではなく、「文章をしたためようと筆を取ったら悲しみで涙がこぼれて墨が薄まってしまいました」という遺族の気持ちを表すため、本来は両面を薄墨で書くものなんですね。

 

でも実際に薄墨印刷にすると年配者は読むのに苦労するし、あまりに薄いと郵便番号を読み取る機械が反応してくれないかもしれませんしね^^;。

 

実際に来たものを見ても薄墨印刷のもの、黒印刷のもの、一部は薄墨で一部は黒になっているものとさまざまなので裏表共にはっきりと読みやすい普通の黒印刷で構わないでしょう。

 

…ということで我が家の喪中はがきがやっと出来がりました。

ふ~~(o´Д`)=з

 


スポンサードリンク

喪中はがきは親戚のどこまで出せばいい?

ハガキが出来たらあとは宛名書きをサクッとして出すだけ!

…と思ったら親戚にはどこまで出したらいいかという新たな問題が…Σ( ̄ロ ̄lll)

 

本来、喪中はがきというのは自分が年賀状のやり取りをしている相手に対して「今年は近親者の喪に服するため新年の挨拶を欠くことを前もってお知らせする挨拶状」なので、基本的に年賀状をやり取りしている人にはすべて喪中ハガキを出した方がいいんですね。

 

でも最近は喪中であることを改めて伝える必要のない身内には出さないという人も多くなり、喪中とわかっているのに喪中はがきが届いて失礼だと言われたなんて話も聞きます。

 

ただその反対になぜ喪中はがきをきちんと送ってこないのかと言われたなんて話も聞くので、どうしたらいいのか迷ってしまったんです。

本当にこういう時の判断て難しいですよね((+_+))

 

やはりこれははっきりとした決まりがない以上みんながどうではなく、主人の親族の【普通】を確認するのが間違いないってことなので義母に喪中はがきの慣例を聞いてみることにしました。

 

POINT一般的には親族にも喪中はがきを出すのがマナーだけど、親族間では送らないと互いに認識していれば送らなくても良い。

 

亡くなった親の兄弟は?

夫の父なので夫の母からそれぞれの兄弟(私達から見ておじおば)に喪中はがきは送りますが、私達夫婦は母とは離れて暮らしています。

 

それに毎年私達とおじおばとで年賀状をやりとりしているのでやっぱり別で喪中はがきを送った方がいい?とも思ったんですが、夫の母に聞いてみたら「おじおばはわかっているので出さないで良い。」との答えでした。

 

結論叔父叔母には出さない

 

いとこには?

いとこもほとんど葬儀と四十九日にも来ていたので、ウチが喪中ということは知っています。

 

ただどのいとこも私達と同く、親(伯父伯母)と別で暮らしているし、あくまでいとこ同士のお付き合いなのでので出した方がいい?と思ったkんですが、特に義母から従兄弟についての返事はなし。

主人は「おじおばに出さなくていいってことは、従弟にも出さなくていいってことだ。」とい言うので従妹にも出さないことにしました。

 

結論いとこにも出さない

 

義理の両親(妻の実家)は?

あとは私(妻)側の両親。

ここも本来なら出すべきなんでしょうが、なにせ私達夫婦と一緒に暮らしているので苗字は違うけど同じ家に喪中はがきを出すことになってしまうんです。

 

これって変ですよね?

それに両親は諸々の事情もよーく知っているし、母からは「喪中はがきはいらないよ。」とはっきり言われたので出さないことにしました。

 

結論妻の両親には出さない

 

義理の兄弟姉妹には?

私(妻)の姉妹も近所だし喪中なのは知っているから出さなくてもいいと思ったんですが、いつも年賀状を作って送るのは姉の夫(義理の兄)。

 

喪中を忘れていることも考えられるし、義理の兄の家はお祝いやお悔やみをきっちりするお家柄。ここは姉の手前もあるからきちんとした方が良いだろうということで送ろうということになりました。

 

結論義理の兄弟姉妹には出す

 

結局我が家では親戚で喪中はがきを出すのは義理(妻)の姉夫婦のみ。

夫側の親族(おじおば・いとこ)と、義理(妻)の両親には出さないということにしました。

 

喪中ハガキを出してない人から年賀状が来たらどうする

多分旦那のお母さんに確認したので親戚関係から年賀状が届くことはないでしょう。

 

でもこちらから喪中はがきを送りはっきりと年賀欠礼のご挨拶はしていないので、うっかり年賀状を送ってくる親戚がいるかもしれません。

正直旦那の親戚はうっかりさんが多いのでその可能性は…あります(;´∀`)

 

そんな時、届いた年賀状はありがたく読ませてもらいます。

まぁ喪中はがきっていうのは喪中だから「年賀状を受け取れません」じゃなく「年賀のご挨拶ができませんので失礼します」って言うものですからね。

 

そしてこちらからは1月7日の松の内が過ぎた1月8日から2月3日の節分までに届くように寒中見舞いを送れば良いのです。

 

旦那の父が亡くなった時の喪中はがき~まとめ~

喪中ハガキって正直はっきりとした決まりがないんです。

だから色んな考え方や風習があってどうするか迷っちゃうんだけど今回自分で作ろうとしてこういう結論になりました。

 

基本的に喪中はがきは毎年年賀状をやりとりしている人には出すもの。

ただし最近は喪中であることを改めて伝える必要のない身内には出さないケースが多い。

迷ったら両親に確認。親族間での慣例があればそれに従うのがベスト。

 

ということで我が家は母に確認して

出さない:夫のおじおば・いとこ・妻の両親
出す:妻の姉妹

という形にしました。

 

ただあれこれ言われるのはイヤなら「出す」のが無難な選択だということもわかったので、確認が出来なければ親戚の干渉度を考えて決めるといいかもしれません。

大切な親を亡くしたことは悲しいことだけど、喪中でも親族みんなが気持ち良く新しい年を迎えたいものですね。

 

スポンサードリンク

 - 暮らし ,

  関連記事